2012.01.01

新春の猫と花々

 今年の新春は良く晴れて風も無く、暖かな一日でした。
 昨年10月に3株100円の見切り品で買ったペチュニア。毎日綺麗な花を見せてくれます。

Img_0545

 右側の八重咲き品種は、大阪では夏は暑すぎる上、ベランダ特有の日照不足(太陽高度が高いため、南向きのベランダにはほとんど直射日光が差し込まない)のため、上手く開花しなかったり花が付かなかったりするのですが、冬は暖かな日差しの元で品種本来の美しい姿を見せてくれます。もちろんこのまま冬越し出来ます。

 ビオラと競演。

Img_0547


Img_2954

 判りづらいけど猫二匹。あーあ、またソファの本体とクッションの間に挟まって寝てる。直すの面倒だなあ……。

Img_2959

 起きた。

Img_2969

 僕眠いんだけど。

Img_2970

 ふわぁあ、かしゅっ。(牙が擦れ合う音)

Img_2972

 しょりしょり。

Img_2966

 寝る。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.06

猫に邪魔をされる。

今日中に何とか…プレイスルーを終わらなければ……せめてこの部分だけでも…。

「おかーちゃん何しとるん?」

Img_2184

膝の上で大人しくしていた猫2号(みかん)が飛び乗ってきた!

Img_2183

カメラの画像認識でヴァリックの顔にピントが合っちゃうよ!猫だよ猫!
いやそうじゃなくてモニタの上に乗るな!

…がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.08

かまってくれなきゃ

乗っちゃうぞ。
Img_1914

トータル10kgはさすがに重いです。。。。

| | コメント (0)

2010.01.01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしく。

大阪は風は強いですが、瀬戸内気候らしい冬の晴々とした良い天気です。
ソファの背でへんにゃりして居る猫。

Img_1306

| | コメント (0)

2009.06.03

夜泣きねこ

最近うちの猫が夜泣きします。

私の足下ですりすりしながらみゃーみゃー鳴きつづける。
歩くとき邪魔なんだって。私は花魁じゃないんだから。

カリカリご飯をやっても「食べたくない」
だっこしてやっても「じゃま」
ベランダの窓を開けても「別に出たくない」
お前は一体何がしたいの?!

おかーさんもう寝るからね、おやすみ。とベッドに入ると、
前足でふにふにと顔を押さえて「布団あげろ」と催促。
入れてやると、丸くなってごろごろ言いながらご就寝。

。。。。要するに眠くてぐずっていたってこと?
昼間ずーっと二匹、のうのうとベッドカバーの上で寝ているんだから、さっさと寝ればいいのに。
可愛いなあもう。

これはソファーの上。
Img_0832

うちには雄雌二匹の(多分兄妹)ねこが居るのですが、夜泣きするのは女の子の方だけです。男の子は単純明快。
ご飯をやったら「ご飯だ!」ひたすら食う。
だっこしたら「なに?あ、気持ち良いかも~」されるがまま。
ベランダを開ければ「出るよ!」飛び出す。
入る。また飛び出す。
なぜ君は入るときもダッシュしないと気が済まないのか。

-------
Uldaur Raidは一進一退です。この前AuriayaとかHodirとか何とかkilled。10menの方はもう少し進んでいるそうだけれど、ラスボス様はまだ遠そうです。
Freyaの雑魚からFrost Lotusがざくざくとか?

| | コメント (2)

2008.12.02

みかんとミカン

この子はメス猫で、名前がみかんなのです。

001

ミカン。

002

多分あなたの口には合いません(^^ゞ

天気の良い日曜日、ベランダを眺めながらお昼寝です。
003


もう一匹はオス猫で、ちょっと(かなり)図体が大きくて毛色がちょっと薄いので、ゆずと名付けました。
(あくびしている方がゆず、多分)

004

「いいなあいいなあ、日曜日だもんね~お昼寝~」


と書いてから気がついた。
こいつら毎日日曜日なんだ、こうやって私が見てないときも毎日昼寝してるんだくぉおおおおうらやましい(>_<

005

いいなぁ。。。

------
おまけ。写真を整理していると、不思議な物が写っていました。
006

ハンガーの引っかける部分が折れて、猫達の良いおもちゃになっています。多分これを追いかけてパソコン机の下に入った所を撮影した、のだと思います。
猫の脚ははっきり写ってるのに、胴体が無い?影?(^_^;
脚の方が動きが速いはずなのに、変ですね。照明の関係でしょうか。

| | コメント (0)

2008.07.05

すっかり夏

梅雨寒が長く続いたと思ったら、7月に入った途端夏モードですね。(関西地方限定)
一応クーラーも入れていますが、さすがにパソコンヒーターの上は居心地が悪くなってきたようです。(それでも電源OFFだと乗ってる)

1

ホースはベランダ撒水用です。うちベランダに流し無いんですよねー。

お?起きた。
2

私の膝経由で机の上へ。
3

いや、だから今WoWやってて忙しいからね(>_<
マウス蹴飛ばすの止めて(>_<

------------
普通に育てるだけでフルーツトマト並の甘さ!黄色いミニトマト。
4


| | コメント (0)

2008.06.18

猫まっしぐら

生クリームを買ってきました。

080618001


おおおおお。すごい。
私にはほとんど判らない程の生クリームの匂いを、素早く嗅ぎつけて駆け寄る猫。
でも舐めるのはほーんのちょっぴり(小さじ1くらい)。
080618002


| | コメント (0)

2008.06.15

生クリーム?

いまテレビ大阪のなんかバラエティ番組(日曜ビッグバラエティという番組だった)を見ていたら、
「猫は身体に脂肪が多いから、生クリームが大好き」
だって。へええええ。まあ確かに、獣肉でもバターでも油っぽい物に興味を示すという印象はありますが、それはあくまで動物系の臭いがするからだと思っていました。

早速うちの猫に
「やーい体重軽いけど脂肪率高いんだろでーぶでーぶ」
と言ってみました。そうしたら膝の上に飛び乗って、ゴロゴロ言いながら喉を舐めてくれました。ワカラン。
明日生クリームを買ってきてあげるからねー。

この猫、元気そうだけど背中なんか骨がごりごり出てるし滅茶苦茶体重軽いし、あんまり高いところに飛び乗ったり家中走り回ったりしないし、要するに極めておとなしい猫なのです。一応メジャーな病気(猫エイズ、白血病等)には罹ってないことは確認して貰ってるけれど。だからもうちょっと太って欲しいなあと思って。

そう言えば大昔に飼っていた猫もバターが好きでした。最後に腎臓病で腎不全になって、獣医に
「とにかくカロリーを取らないと駄目ですから、猫が食べるものなら何でもあげてください。(低タンパクとか言ってる状態じゃない)」
と言われて、もう全然食欲無くて猫缶にも全然口を付けなかったのに、無塩バターをやったらそれだけは舐めてくれました。
美味しいよね無塩バター。

| | コメント (0)

2008.06.06

猫の生活

家に帰ると、猫が出迎えてくれる。
ところが普通犬を飼っている人が思うようなお出迎えではない。これが面白い。

玄関まで走って来たり、呼ぶ声に反応して出てきたりは決してしない。私がカバンを置いて顔を洗って、服を着替えてよっこらしょとPCの前に座る頃になってようやく、どこか居心地の良い隠れ場所から出てきて、私の顔を見上げて「にゃー」と鳴くのだ。

これは「おかえりー」という意味だと思っている。つまり私は「彼女の」家に帰ってくる同居人、と言うくらいの立場であろうか。断じて「ご主人様」では無い。

実はこれでも昇格した方である。この猫は元々飼い猫であったのが(推測)、ある公園に捨てられてボランティアに保護された後、うちの家に引き取られた。最初の1ヶ月ほどは、私が帰るや否や「シャーっ」と警戒の声を浴びせていたのだ。

「あんた誰?私の家に勝手に入らないでよ!」であろう。朝出かけるまでは一緒の布団で寝ていたのに、何て薄情な!しばらくの間、猫部屋(要するにトイレを置いてある物置部屋)に隠れた後、私が食器に入れたカリカリを食べてようやく私が「同居人その1」であることを思い出してくれる、そんな日々であった。

何故こんな事を書いているかというと、どこやらで老人が「大家に野良猫に餌をやることを咎め立てされて」立腹し、大家さんを刺し殺してしまった、というニュースを今朝方聞いたからである。

この老人にとって野良猫は愛しい家族同然だったのだろうか。前後関係が判らないので何とも言えないが、野良猫にむやみに餌をやるのは、十分な自然環境が残っている地方ならともかく、都会では良い結果をもたらさないのは確かである。数が多ければそれだけで周囲に迷惑が掛かるし、世の中猫好きばかりでは無いからね。多分この老人が若い頃は、どこで猫に餌をやろうと自由な時代であったのだろう。

私は猫語が判らない。うちの猫にも「お前の言うことはワカラン」と常々言い聞かせている。だからこの猫が、日中10時間以上マンションの一室に閉じこめられて一匹きり?で過ごし、私が家に居る時さえ外には出られない生活に、満足しているのかどうかは知りようもない。

大阪のような冬でもほとんど雪も降らず、暖かな隠れ場所に事欠かず、猫好きな人も多い街では野良猫の生活も案外悪くないのでは、と想像したりする。もちろん飼い猫に比べれば寿命は短いのだが、それでも数年は生きられる。子供も持つことが出来る。

しかし避妊手術を受け、元居た公園からも引き離されたこの猫に、今更戻れとも言えない。とりあえず「こんな場所ですけど良かったらどうぞ」と暮らして貰うしかなさそうである。
080525002

だから、爪痛いから膝から降りてください(>_<)
マイパソの上に乗っても良いですから。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧