« [Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐イザベラ | トップページ | [Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐フェンリスその1 »

2012.03.02

[Dragon Age 2]War編‐Speak to fenris

Quest:Speak to Fenris(フェンリスとの会話)‐Act2

 コンパニオンご機嫌伺い3人目はフェンリス。この辺の順番は、実は適当です。お話だけクエストですから、誰を連れて行こうが関係ありませんしね。強いて言うと、アンダースの場合だけ「治療院に訪ねて来る人」が変わりますが。

war_2779s.jpg

あらイザベラ、何してるの?

「そうすれば、執事の収税官はここにはもう二度と来ないってわけ、あなたの頼んだ通り。おかしな話でしょ」

war_2780s.jpg

「遠慮しよう、だが君の助けには感謝するよ」

war_2781s.jpg

「ま、白けるったら。どうしてこんなハイタウンの片隅に居座りたいのか、あたしにはさっぱり」

war_2782s.jpg

「ここからの眺めが好きでね」

肩をすくめるフェンリス。

war_2783s.jpg

「あたしも、良い眺めは好きよ」

エルフと来たら見境の無いイザベラ。

war_2784s.jpg

何よ、そのウィンク!

war_2785s.jpg

「3年か」

war_2786s.jpg

「何が?」

war_2787s.jpg

「ダナリアスが来る兆しはまだ無い。奴がとうとう諦めたのかとさえ思えてきた」

war_2788s.jpg

「ここは奴の邸宅なんでしょ?あなたがここに居ることは知っているはず」

war_2789s.jpg

「ここが、実のところは奴の邸宅では無いと言ったら、驚くか?テヴィンターのある商人の資産で、そいつは明らかにこの場所を放棄してしまったようだ。ひょっとしたら死んだのか、あるいはダナリアスに殺されたのかもな」

war_2790s.jpg

「いずれにせよ、もしダナリアスが俺の存在に気づいて居るとしても、奴は何もしてこなかった」

war_2791s.jpg

「なら今こそ奴を追いかける絶好の機会ね」

war_2792s.jpg

「そこまで確信は持てないな」

迷うフェンリス。

war_2793s.jpg

「教えてくれ。逃げるのを止めたとしたら、君なら何をする?」(※)

war_2794s.jpg

「誰でもすることかしらね?もう一度初めからやり直すのよ」

ここの選択肢は曲がり矢印(ニョロ)なので、どれを選んでもホークの性格付けには影響しないはず。

war_2795s.jpg

「俺はやり直し方を知らん」

war_2796s.jpg

「俺の一番最初の記憶は、このマーキングを受けたことだ、リリウムが俺の皮膚に焼き付けられていく時の」

war_2797s.jpg

「その苦痛が、全てを消し去った。俺が奴隷になる前の人生とやらがどうだったとしても…全て失われた」

war_2799s.jpg

「こんな事で心配を掛けるべきじゃないな。俺の問題は君には関係無い事だ」

war_2800s.jpg

「本当に自分が誰だったか覚えてないの?」

war_2801s.jpg

「フェンリスはダナリアスが俺に与えた名前で、奴の『小さな狼』という意味だ。もし俺がかつては別の名前、あるいは家族を持っていたとしても…それも俺から奪われた」

war_2802s.jpg

「いや、やはりこれは、君が気に掛ける必要の無い事だ」

war_2803s.jpg

「あら、ひょっとしたらあなたの助けになれるかも知れないじゃない…それか、気に掛けることを少しばかり増やしてあげても良いしね?」

war_2804s.jpg

「はっ。少しだけか?」

war_2805s.jpg

「沢山。」

war_2806s.jpg

「魅力的だ。君は綺麗だな、ホーク。他に誰か君の…気を引く者は居ないのか?」

war_2807s.jpg

「私は用心深いのよ。」

ここもニョロ。ここでは"Not yet"(まだ居ない)を選んだようだ。「あなただけよ」とかは口が裂けても言わない。

war_2808s.jpg

「俺は逃亡奴隷で、エルフで、借り物の屋敷に住んでいる。何も気にならないのか?」

war_2809s.jpg

「私の考えている事とは関係無いわね。」

「結婚を申し込んでいる訳では無い」って。。。

war_2810s.jpg

「そいつは大したものだ。」

war_2811s.jpg

「君の提案は面白い。俺も…良く考えてみよう。」

------

おしまい。今回もロマンスフラグを立ててみた。

(※)この質問は面白い。What do YOU do when~で「~としたら『君は』何をするか」と聞いているが、次のホークの選択肢で判るように、実は
「~だとしたら俺は何をすれば良いと思うか、"tell me"(教えろ)」
という質問になっていて、教えてくれと直接頼む事は避けている。恐らく相手に弱みを見せる事になるからだろう。

 このパターンはAct1の"Fenris Requited"でも全く同じ。
「教えてくれ、フェラルデンに戻りたいと思ったことは無いか?」

 ホークがフェラルデンに戻ろうが戻るまいが、フェンリスには本来どうでも良いことのはずなのに、この質問への回答は好感度に影響する。自分の生まれ故郷(セヘロン)に帰りたいと思うことへの同意を求めているのだということが、他の選択肢を突っ込んでいくと見えてくる。

そしてAct3の信条クエストで、ようやく彼は素直に聞けるようになる。
「俺はこれからどうすればいい、ホーク?」

(そこで『私達別にお友達じゃ無いよね?なんで私に聞くの?』と返すのがイジワルライヴァルリーホーク。精神的平手打ち。うくくく)

|

« [Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐イザベラ | トップページ | [Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐フェンリスその1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]War編‐Speak to fenris:

« [Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐イザベラ | トップページ | [Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐フェンリスその1 »