« [Dragon Age 2]メリルとカーヴァー?(MoTA) | トップページ | [Dragon Age 2]War編-The Deep Roads Expeditionその1 »

2011.09.19

[Dragon Age 2]War編-The Destruction of Lotheringその6(ラスト)

Quest:The Destruction of Lothering(ロザリングの壊滅)

 カークウォールに入るためには、お目こぼしをして貰うための多額の賄賂が必要だと言う叔父。それを払ってくれそうな密輸業者の所へ向かいます。

War_0360

「あなたがアセンリル?」

War_0361

「するとあんたがギャムレンの姪っ子?面白いわね。」

War_0362

「あたし達の事をどう聞いたか知らないけど、あいつはあんたのこと随分売り込んでたよ。」

指に青いマーキング。顔には無い。

War_0363

「私の事については何も言ってなかったの?」

War_0364

「あたしの興味を引くくらいの事は話してたよ、今度はあんたに、叔父が言い張ってる能力を証明する機会が与えられたってわけだ。」

War_0365

「どんな仕事をさせようとしているのか、もうちょっと知りたいわね。」

War_0366

「正直に言ってもいいだろうね。他の盗賊ギルドと張り合ってるわけじゃないけど、手がけてる獲物の数は多いよ。」

「それと、殺しと奴隷取引はしない。それに近い事は、まあ、良いネタになってるけど。」

War_0367

「何でも良いけれど、どうもうさんくさく聞こえるわね。」

「だけどえり好みしている余裕は無いわ。」

War_0368

「私達を街に入れるためには大層なお金がいると聞いたわ。」

War_0369

「あんたらについて叔父が言い張ることを信じるなら、それだけの価値があるって思いたいね。何しろ、アポステイトに仕事をさせられるなんてそうは無い事なんだし。」

War_0370

「叔父さんはお喋り好きのようね。」

War_0371

「カークウォールに居るテンプラー共は、メイジ全員をちゃんと首輪を付けて管理してるって思いたがってるけど、そんな事が本当だった試しがあるかい?」

「あたしらと一緒に居る間は、連中にバレるような事は無いよ。これが初めての話ってわけでもない。」

War_0372

「どうやってあなたみたいな人が叔父の伝手になったの?」

War_0373

「はっ。やつがそう呼んでるのかい?最近の馬鹿な儲け話に乗ったせいで、やつはあたし達に借金があるんだよ。もしあんたが上手くやれば、そっちはチャラにしてもいいけどね。」

War_0374

「何をしたらいいか教えて。」

War_0375

こっち来い。

War_0378

「カヴリルって名前の商人なんだけどね。テンプラーのお友達で、ここギャロウズの中に小さな店を出させて貰ってる。分け前を寄越す代わりに品物を卸してやったのに、支払おうとしないんだ。」

「だからってあたしらが近づいたら、やつが悲鳴を上げてガードを呼んじまう…だけどあんたなら問題無い。金を回収してくれたら、仲間にしてあげるよ。」

---

さっきの悪徳商人。

War_0381

「またいらっしゃいましたな、セラ!何のご用でしょうか?」

War_0382

「共同経営者に借りがあるんじゃないかしら?」 

War_0383

「ああ…その話ね。」

「ガードを連れてきやしょうか?」

「まあ待て。話を聞いてみたい。」

War_0384

「すると、アセンリルが金の回収にあんたを寄越したのか?あの女自分で来る度胸も無いようだな?」

War_0385

「払う物を払ったら、あんたを放っておいてあげても良いけど。」

War_0386

「ほら見ろ!」

War_0387

「やってみな。」

まあ柄の悪いこと(笑)アヴェリンのスペシャルオプションを使わなくても行ける。

War_0388

「待て待て…暴力沙汰はごめんだ。」

War_0389

「ほら、そこの箱の鍵だ。あの魔女への支払いはこれで足りるはずだ。俺はもうこっから出てくぜ。まったく、ガードに誰か別のやつを見つけて、犬飼い共のガラクタを買い取らせるんだな。」

War_0390

「済んだわ。」

War_0391

「見せてみな。」

「あんたの叔父に契約を結ぶって伝えるんだね。ようこそ。」

War_0392

「良い話は有ったか?」

War_0393

「ええ。」

War_0394

「アセンリルに話をして、何時賄賂を払って貰えるか聞いてみよう。ここで待っててくれ。」

War_0395

「じゃあ上手く行ったのね。長旅もおしまい。」

「この借金を払い終わった時に、何が起きるか楽しみね。」

War_0396

「カーヴァーがここに一緒に居てくれさえしたら。」

「それにウェズリーも。」

War_0397

「行きましょう。何もかもまだ始まったばかりよ。」

War_0398

---

War_0399

「こうして、チャンピオンのカークウォールでの最初の一年が始まった。」

War_0400

「海の向こうから、フェレルデンのヒーローがブライトを打ち負かしたとの話が伝わってきた。」

「だがロザリングは破壊されてしまった。カークウォールが今やチャンピオンの家となった。」

War_0401

「だから彼女はフェレルデンに戻ること無く、借金を返し続けた。裏社会では彼女の名は有名になった。」

War_0402

「街にも色々あった年だった。クナリが漂着した年だ。でかい嵐が連中の船を遭難させて、数百の戦士が街に取り残され、故郷に戻る船を待つことになった。」

War_0403

「同時に、メイジとの揉め事も巻き起こり始めた。騎士団長メレディスの支配下で、テンプラーが強大な力を持ち始めたのさ。」

「だが一番大事なのは、俺がチャンピオンと出会ったのもこの年だって事だ。」

------------

 導入部おしまい。ふー、長かった。

 前回のプレイスルーではここはさくっと飛ばしたので、今回全部やってみました。(メーレンが出てない?えーと。)既に強気ホークの片鱗がうかがえますね。がんがん行きましょう!

|

« [Dragon Age 2]メリルとカーヴァー?(MoTA) | トップページ | [Dragon Age 2]War編-The Deep Roads Expeditionその1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]War編-The Destruction of Lotheringその6(ラスト):

« [Dragon Age 2]メリルとカーヴァー?(MoTA) | トップページ | [Dragon Age 2]War編-The Deep Roads Expeditionその1 »