« [Dragon Age 2]Mine Massacre | トップページ | [Dragon Age 2]The Last Strawその2-ロータウン »

2011.09.04

[Dragon Age 2]The Last Strawその1-ロータウン

Quest:The Last Straw

 ファースト・エンチャンター・オシノから手紙が届きました。緊急の用件で、直ちにギャロウズ前で会いたいと書いてあります。

Mage_4114

オシノから手紙が届いた。

『チャンピオン、

 君はカークウォールのメイジ達を支える友人で有ることを既に一度ならず証明しているが、どうやら今一度君に来て貰わねばならないようだ。メレディスの行動は明らかに度を超しており、私は彼女の狂気に歯止めを掛けるつもりだ。ギャロウズに直ちにお越し頂くようお願いしたい。我々が共に行動すれば、あるいはこれを流血の惨事となる前に止められるかも知れない。

ファースト・エンチャンター・オシノ』

---

Mage_4115

「チャンピオン!メイカー、来て下さったことに感謝します。」

Mage_4117

Mage_4118

「何があったの?」

Mage_4119

「ファースト・エンチャンター・オシノが、騎士団長とひどい口論になってしまいました。」

Mage_4120

「彼はグランド・クレリックにその件を訴えるため飛び出して行きましたが、騎士団長が彼を追いかけています。このままでは血を見ることになりかねません!」

Mage_4121

「まあ素敵。彼らの所に連れて行ってちょうだい。」

Mage_4122

何か呼んでない人まで来てる。

Mage_4123

「サークル・タワーを捜索する。上から下までな!」

Mage_4124

「そのような事出来はしない。あなたにそんな権限は無い!」

Mage_4125

「私には全ての権限がある!お前はブラッド・メイジを隠し立ている、彼らがこの街に悪影響を及ぼす前に根こそぎにせねばならん!」

Mage_4126

「ブラッド・マジック!あなたはあらゆる所にブラッド・マジックを見るようですな?私のメイジ達はくしゃみ一つも堕落の印だとあなたに非難される始末だ。」

Mage_4127

「つまらぬジョークは止めろ、メイジ。もはや辛抱もこれまでだ。」

Mage_4128

「最初から辛抱などしていなかったでしょうが!」

Mage_4129

「相変わらず仲が良いわね、みんなの噂になるわよ?」

Mage_4130

「そなたとは関係無い、チャンピオン。」

Mage_4131

「私が彼女を呼び出した。あなたが何をしたのか他の人々も知る権利があるだろうからな。」

Mage_4132

「私のしてきたこと?全てこの街の人々を護る事だ、幾たびと無く。私のした事とは、お前達メイジを自らの呪われた魔法と愚かさから護る事だ。」

Mage_4133

「それを止めはしない。我らの防御を弱めるつもりは無い、決して!」

Mage_4134

「彼女の言っていることに少しでも根拠はあるの?」

Mage_4135

「単に彼女が考え出した一番新しい非難だ、それ以外の何でもない!」

Mage_4136

「それにもし彼女が求める物が見つからなかったら?そもそも根も葉もない物を、いったいどこまで追い詰めたら気が済むのですかな?」

Mage_4137

「チャンピオンはサークルがどれだけ堕落しているか誰よりも知っているであろうな。その元を突き止めねばならぬ!」

Mage_4138

「『気違い』って言葉の意味、判るかしら?」

ここからは一貫してメイジ側に立つ。

「他にどのような選択肢があろうか?」

Mage_4139

「教えてくれ、チャンピオン、そなたは自らの目で彼らがしでかすことを見たのではなかったか?強力な力を求めるメイジの嘘を聞いたのでは無かったか!」

Mage_4140

「私達も全てが同じではないわ、あなたとまったく同じ物を求めるメイジもいるの。私達はあなたの敵ではない。」

Mage_4141

「あなたは我々全てに悪人の役を割り当てようとするが、本当はそうではないはずだ!」

Mage_4142

Mage_4143

「判っておる、そのことで私の胸が痛まぬと思うのか、だが我らは慎重で有らねばならぬ。」

「もしお前が他の方法を示せないのであれば、私に暴君などと汚名を着せるのは止めよ!」

Mage_4144

「これでは堂々巡りするだけだ。グランドクレリック・エルシナがやめさせて下さるだろう。」

Mage_4145

「閣下をこれに巻き込んではならぬ!」

Mage_4146

「グランド・クレリックにはお前を助ける事なんか出来ない!」

Mage_4147

Mage_4148

「何が言いたい、メイジ。」

Mage_4149

「お前が全てのメイジを犯罪人扱いするのを、黙って見過ごすつもりはない…」

杖を地面に叩き降ろす。

Mage_4150

「我らを導くべき者が、そのテンプラーの看守共に頭を下げている間は!」

Mage_4151

Mage_4152

「誰に口をきいているつもり…」

Mage_4157

「サークルは欺瞞だ、オシノ!」

Mage_4153

「お前にさえそれが判らない筈が無いだろう!」

アンダースの支配下に有りながらヴェンジェンスが発動してしまう。

Mage_4154

「行動の時は来た。」

Mage_4155

「もう中途半端な妥協はあり得ない。」

Mage_4156

「アンダース、一体何をしたの?」

Mage_4158

「もう後戻りは出来ない。」

------------

続く。

|

« [Dragon Age 2]Mine Massacre | トップページ | [Dragon Age 2]The Last Strawその2-ロータウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]The Last Strawその1-ロータウン:

« [Dragon Age 2]Mine Massacre | トップページ | [Dragon Age 2]The Last Strawその2-ロータウン »