« [Dragon Age 2]Best Served Coldその3 | トップページ | [Dragon Age 2]Blade of Mercy »

2011.09.04

[Dragon Age 2]Best Served Coldその4(ラスト)

Quest:Best Served Cold

トラスクと手を組んでいたのは、かつてスタークヘイブンのサークルから逃げ出し、ブラッドマジックに手を染めたデシムスの一派、グレイスでした。

Mage_3981

Mage_3982

グレイスに憑依していたのはプライド・ディーモンだった。

Mage_3987

テンプラー・ルテナント。耐性が高くポーションまで使う。

Mage_3988

死ねええ!

---

Mage_3989

「彼女が生きているのは知っていました、だけどトラスクが彼女と一緒に活動していたなんて。」

「今日彼女を見て、全部思い出しました、僕が目撃したデシムスの行動全てを。」

Mage_3990

「その、ごめんなさい。グレイスは彼を抑えておくのにブラッドマジックを使いました。」

Mage_3991

「他に彼を目覚めさせる方法は無いんです。」

Mage_3992

Mage_3993

「(咳き込む)出て行…なんだ?ここはどこだ?」

Mage_3995

「あなたはもうちょっとしっかりしてると思ってたけど!質の悪いテンプラー数人に捕まるですって?」

Mage_3996

「連中が俺を襲ってくるなんて思わないじゃないか!」

「ありがとう、姉さん。また僕は借りが出来て…姉さんの影に隠れてしまったみたいだね。」

Mage_3997

「ここで集会が、サー・カレン…おや!」

Mage_3998

「どうやらお前さんが思っていたようには、メイジ達と上手くやれなかったようだな?」

Mage_3999

「チャンピオン。サムソンは君がこの件に絡んでいるとは言わなかったぞ。」

あら、そうなの?

Mage_4000

「君は、この裏切り者共に荷担するのではなく、連中を止めようとしていたに違いないな?」

Mage_4001

「チャンピオンは立派な方です、サー。彼女はこの件を平和的に解決しようとしていました。」

Mage_4002

「うーん。このメイジを尋問しろ。」

Mage_4003

Mage_4004

「この少年は、年長者達が無辜の人質を殺そうとした時に逆らったのよ。」

「ふん。つまり彼は連中の一人だったと言うことだな、心変わりするのに都合の良い最後の瞬間は別としても。」

Mage_4006

「だが彼には穏やかな処分をするよう、メレディスに進言しよう。」

Mage_4007

「ありがとう、チャンピオン。」

Mage_4008

「他の者は全て逮捕だ。ギャロウズに連行しろ。」

Mage_4009

「何かメレディスに提案して欲しい事はあるかな、チャンピオン?」

Mage_4010

「サムソンを復職させる事を考えても良いでしょうね。事ここに至って彼の本心は明らかになったし。」(※)

Mage_4011

「その通りだ。サムソン、君は騎士団に大層貢献してくれた。もう一度我らの盾を担う気持ちはあるか?」

Mage_4012

「何にもまして、騎士隊長殿!」

Mage_4013

「では私も出来るだけの事をしよう。」

Mage_4014

「ありがとうございます、サー!」

Mage_4015

「ありがとう。」

------

Mage_4016

「騎士団長は君が明らかにした以外の、例の計画の関係者についても対処した。」

「しかし君は、君の望む時に騎士団長に直接近付く事の出来る、カークウォール唯一のメイジだということも確かだ。私に何か用があったのかな?」

Mage_4017

「共謀者の事を騎士団長はどうするつもり?」

Mage_4018

「ここに来た時に彼らの姿が無い事に気がつかなかったか?騎士団長は、彼らを見習う者が誰一人いない事を確実にするだろう。」

さすがに声を低めるカレン。

Mage_4019

「邪魔したわね。」

「何の問題があろうか、チャンピオン。」

---

Mage_4028

「見てくれよ!俺はまたサン・シールドが持てたし、リリウムもがぶ飲みだぜ。お前さんは俺に大層良くしてくれたよ。」

Mage_4031

 

「トラスクも死んで、グレイスも死んだ、なのに何も変わらかった。だけど彼らが最後の反逆者とはならないだろう。」

Mage_4032

「騎士団長はヴァル・ロイアルにライト・オブ・アナルメントについて上申した。あのローブ共は教訓を得るだろう。もうすぐだ。」

Act of Mercy(慈悲深き行為)で登場した、メレディスの腰巾着サー・カラス。

---

Mage_4020

「あなたのメイジ-テンプラーグループはメレディス打倒の陰謀を企んでいたようね。」

Mage_4021

「ああ、いまとたんに深い後悔の念を感じたよ、干渉するべきではなかったと…」

Mage_4022

「判るだろう、私はメレディスがこの一件を企んだと半ば確信していた、私自身に罪を負わせるためにな。」

Mage_4023

「もしメレディスが今の地位に留まるなら、カークウォールは疲れ果て地に倒れるでょうね。」

Mage_4024

「声を静かに、友よ。そのような事を言っても安全な場所はどこにもない。」

Mage_4025

「しかし断言しよう、そう考えているのは君一人ではない。」

Mage_4026

「間違いないな。」

アンダース。台詞言うなら前に出てよ…。

Mage_4027

「私の感謝の意として受け取ってくれ。現時点では私の友情などより、ずっと価値があるだろう。」

------------

おしまい。スクリーンショット4000枚目はサー・カレンでした。どうでもいいね。でもこの人はお気に入り。話判りやすいし。

(※)ここは割と何も考えずにこれを選びましたが、彼の本心というのはメイジはテンプラーによって管理されるべき、ということになるので、本来メイジ側なら"Be merciful"を選ぶべきだったかも知れません。カレンに代表される(あくまでチャントリー側から見てですが)善きテンプラーの一派です。

 ただ、彼が重篤なリリウム中毒患者だと言うことも忘れてはいけません。騎士団に戻ればリリウムが手に入ります。そこを考えると、うーん、やっぱり選択肢間違ったかなあ、と思う次第です。

|

« [Dragon Age 2]Best Served Coldその3 | トップページ | [Dragon Age 2]Blade of Mercy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]Best Served Coldその4(ラスト):

« [Dragon Age 2]Best Served Coldその3 | トップページ | [Dragon Age 2]Blade of Mercy »