« [Dragon Age2]コンパニオンに関する駄文 | トップページ | [Dragon Age 2]Best Served Coldその4(ラスト) »

2011.09.03

[Dragon Age 2]Best Served Coldその3

Quest:Best Served Cold

サークル・メイジ達の活動を支えていたのは何とテンプラー・トラスクでした。人質が気になります。ウーンデット・コーストにある彼らの本拠地へと向かいます。

Mage_3931

ここでようやく、アンダースの最後のアーマーアップグレードが手に入る。

Mage_3932

フェンリスへのプレゼント、"Blade of Mercy"は取ってしまってから気づく有様。

------

Mage_3933

綺麗な眺めを見ながら語り合う二人…じゃなかった敵。

Mage_3934

いつの間にかファイアーボールの威力が凄いことになってる。

Mage_3935

「おう、お前か。お前さんが船から転がり落ちてからこっち、カークウォールの揉め事全部に鼻を突っ込まないではおれんようだな。」

Mage_3936

「あなた誰だったかしら?」

Mage_3937

「サムソン。あの坊主、フェンリエルが逃げ出したのをしくじらせた男さ。数年前の話だ。」

Mage_3938

「もっと前には、俺はテンプラーだった。お前と会う前の話だけどな。」

「ここのメイジ達はブラッドマジックを使っているの?」

「いつだって結局そういうことになるんだ、そうじゃねえか?やつらは潔白だと言い張り、公平に扱ってくれと要求するがな、暗い隅に逃げ込めば、やつらは俺達の使えない選択肢を持ってやがる。」

「その選択肢を使おうとしないメイジなんざ今まで見たことがねえよ。」

Mage_3939

「確か、リリウムの瓶を手に入れるために小銭をせびってた立派な市民じゃなかったかしら。」

Mage_3940

「ふん、そう言われて怒ったのも遠い昔のことだ。自分が何者か位は知ってる。」

「だから俺がここに居るのを見ても、驚くような事じゃないだろ?もう一回とんでもねえ馬鹿な事をしでかした所で、俺はあのドブに居ればいいだけだ。」

Mage_3941

「俺はメレディスがケツを蹴っ飛ばされて放り出されるのを見たいだけだ、あの女が俺にやったようにな。」

Mage_3942

「メレディスは確かに重症のイカレ患者みたいだけど。」

Mage_3943

「だがな、あの女は間違ってるのか?」

「俺はメレディスが居なくなる事を望んでた、そうすりゃまたテンプラーの盾を持つことが出来る。だがな、ひょっとするとあの女が正しかったのかも知れん……メイジ達に自由になれる手がかりを与えたら最後、やつらはとんでもねえ事をし始める。」

Mage_3944

「トラスク達の言うことが正しいわ。メレディスが居なければ、カークウォールは平穏になるでしょうね。」

Mage_3945

「メイジとテンプラーが、協力して働く。」

Mage_3946

「僕は夢でも見てるに違いない。」

Mage_3947

「そんな簡単な話ではあり得ないな。」

Mage_3948

「あの女がヴァル・ロイアル(Val Royeaux)に送られるのを見たら万歳してやるよ。だがな、俺はそうすべき充分な理由の有ることに、逆らう気にはなれないんだ。」

んー。メレディスは嫌いだが、メイジを自由にするべきでは無いという事?

---

Mage_3949

Mage_3950

Mage_3951

Mage_3952

「君がここに来ないことを望むというのは虫が良すぎたようだな。」

Mage_3953

「しかしながら何故今メレディスの側に立つのか理解出来ん。君は私に、メレディスに対して立ち向かう事を示してくれた。君がこのメイジ達を救うために命を危険に晒した事を知った時に…。」

Mage_3955

「頼む、チャンピオン。君を尊敬するのは今も同じだ。メレディスこそ消え去るべきなのだ。」

Mage_3956

「あなたの目標は正しいわね。だけどやり方には賛成出来ないわ。」

Mage_3957

「君がメレディスのもたらす脅威を理解していると知ってさえいれば。我々が君と君の弟に与えた苦痛については申し訳なく思う。」

「人質を解放しろ。」

Mage_3958

「だめよ!あの坊主は死ぬの。それからチャンピオンも。」

Mage_3959

「下がれ、グレイス!」

Mage_3960

「グレイス?僕達は君のことを助けたじゃないか。」

Mage_3961

「一体君は何をしているんだ?」

Mage_3962

「我々の目的を達成するために無辜の者を殺すような事はしない。それではメレディスと何も変わらない事になってしまう。」

Mage_3963

 

「メレディス!どうして私がメレディスの事を気にするのさ!」

Mage_3964

「私はチャンピオンのためにここに来たんだ!」

Mage_3965


「いつあなたが戻ってきて私に噛みつくかと不思議に思っていたんだけど。」

Mage_3966

「デシムスは正しかったわ。チャントリーの法の下でメイジが生きる方法なんて無いのよ。お前は私が出会った最良の人を殺したんだ。だけど私は、彼が教えようとしていた物全てを身に付けた。」

「アレイン、人質を殺せ。」

Mage_3967

「その、僕には判らないよ、グレイス…。」

Mage_3968

「ブラッド・メイジをかばおうとするなんて…」

Mage_3969

「これは良くないよ、グレイス。チャンピオンは僕らを助けようとしてくれたんだ。」

Mage_3970

「逆らうんじゃない、坊や!私が居なきゃ何も出来ないくせに!」

Mage_3971

「そんなにビクビクするんなら、私が自分でやるさ!」

Mage_3972

「止めろ!誰もここで死ぬ必要など無い!」

Mage_3973


「あはははは、ほらね、お前はそこが間違ってるんだよ。」

Mage_3974

「控えろ、グレイス!」

Mage_3975

Mage_3976

Mage_3977

Mage_3978

ドスッ。トラスクを地面に叩きつける。

Mage_3979

「人質はいい。チャンピオンを殺せ!」

Mage_3980

------------

まだ続く。

|

« [Dragon Age2]コンパニオンに関する駄文 | トップページ | [Dragon Age 2]Best Served Coldその4(ラスト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]Best Served Coldその3:

« [Dragon Age2]コンパニオンに関する駄文 | トップページ | [Dragon Age 2]Best Served Coldその4(ラスト) »