« [Dragon Age 2]War編‐Birthrightその2(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]War編‐Fool's Rush Inその1 »

2011.09.24

[Dragon Age 2]War編‐Portrait of the Past

Quest:Portrait of the Past

 アメル家の旧邸宅で古い肖像画を見つけました。ベサニーが見たがるかも知れません。

War_0693

War_0694

「私は昔の家族の物はどうでも良いけどね。でもあなたは見たいんじゃ無いかしら。」

War_0695

「どこで見つけたの?あの邸宅の中?見せて!」

「これ…これは母さんの婚約写真だと思うわ、伯爵と結婚するよう決められていた時の。ほら!婚約指輪がある。」

War_0696

「母さんはそんな男より、父さんと一緒になって幸せだったわ。」

War_0697

「知ってるわ、父さんを愛していた事くらいは。」

War_0698

「だけど…時々思うの、もし父さんがメイジでなかったらもっと幸せだったんじゃ無いかって。もし私がメイジでなかったら。」

War_0699

「母さんがそれで辛い思いをしたことは判ってる。母さんがまだ笑ってる時代があったと思えるだけでも嬉しい。」

------

母さんにも話を聞いてみる。

War_0700

「父さんと結婚するとあなたのお祖母さんに言ったら、勘当すると言って脅されたわ。子供達が雑種になるって言ってね。あなたのお祖父様は私を閉じ込めようとしたけど、お祖母さんはこう言ったの、『彼女の人生よ、勝手に台無しにさせれば良い』って。」

War_0701

「あなた達が産まれる度に手紙を書いたけど、返事は来なかった。彼女が私を嫌ったまま死んだのでは無いと知って嬉しいわ。」

War_0702

「あの屋敷は母さんのものよ。どうしてまだここに居るの?」

War_0703

「法的にはあの屋敷は今ヴァイカウントの物になってるのよ、跡継ぎの居ないまま『所有者』が死んでしまったから。今あそこに行っても、ただの不法侵入者になるだけ。」

「だけどもしヴァイカウントが私達の権利を認めて下さったら、あの屋敷だけじゃなくて他にも取り戻せるわ。私達の家名も復活出来る。」

War_0704

「その嫌な連中に会うことが無くって本当に良かった。」

War_0705

「私がまだ少女だった頃、あなたのお祖母さんは若くて、美しくて、私の友人みんなの憧れの的だったのよ。きっと最初は受け入れるのも辛かったんでしょうけど、きっとあなたの事を愛してくれたでしょうね。あなた達みんなを。」

War_0706

「カーヴァー…あんなに元気な子だったのに。膝をすりむいたり、半ズボンの膝に穴が開いていない時は無かった。」

War_0707

「何時までも泣きながら話すのは止めてちょうだい。」

War_0708

「もっと何か出来たんじゃ無いかと考えるのを止められないのよ。死にそうなくらい。今でも覚えてるわ、あの…化け物が彼をあの子を捕まえて…。18年間、愛して、食べさせて、大きくして、そして…その結果ああなった。」

「過去に生きるのは趣味じゃ無いわ。」

War_0709

「ごめんなさい。ヴァイカウントに手紙を書いたわ。バートレンドの冒険隊が出発した後に、謁見出来ることになった。カーヴァーには何もしてやれなかったけど、運が良ければ、私達の家を取りもどせるかも。」

------

聞きたくないけど、何か喋ってるから聞かざるを得ない。

War_0710

「それで、何だ?いい気味だとあざ笑いにでも来たか?またあの間抜けなギャムレンだ。ギャムレンの馬鹿野郎は、ピカピカの銀の籠に入った大金をしっかり持ってることも出来やしねえってな!。」

War_0711

「俺だって頑張ったんだぜ、判るだろ?だけど姉さんの代わりになれるやつなんていやしねえ。」

War_0712

「母さんはどんな風だったの?若い娘だった頃は?」

War_0713

「姉さんとは1才しか離れてないがな。だがリアンドラが俺達の両親をその小さなお手々でがっちり掴んじまうには、その1年で充分だった。両親はありとあらゆる機会に彼女を見せびらかした…美しさ、教養、両親の人生の輝きそのものだった。」

War_0714

「両親が目を光らせている間はな。そこでやめときゃ良かったんだ。」

War_0715

「この街の貴族達も見たけど、お祖父さん達はきっと大層な大金持ちだったはずよ。一体どこに消えたの?」

War_0716

「その、何も波止場に立って金を海に捨てちまった訳じゃねえぞ。運用しようとしたんだ。クナリ製チーズの取引で良い情報も掴んでた。それに、判るだろ、男の遊びってやつだ。俺本来の持ち分より多く使っちまった事は否定しないさ。だけど何もかも上手く行くって思ったんだ。」

「言い訳するな。」

War_0717

「俺は父さんと母さんがコレラになって寝付いた時、汚れたシーツを換えて尻も拭いてやった…」

War_0718

「なのに父さんの最後の言葉は……『リアンドラ』だった。お前らに好きになって貰おうとは思わねえ。だけど少なくとも俺は金を手に入れたからな。」

War_0720

「ほとんど好きになる所だったのに!」

------------

家族話、おしまい。

前に書いたアメル家の家系をこっちにまとめます。色々ややこしい。

アリスタイド・アメル:ホークの曾祖父、リアンドラの祖父。リアンドラとマルコムが駆け落ちした当時はまだ生きていた。(22年前)

ファウステン(Fausten):アリスタイドの息子、リアンドラの父。19年前にコレラで妻と共に死亡。
ダミオン(Damion):アリスタイドの息子(?)、密輸で捕まる。

レヴカ(Revka):アリスタイドの孫。ファウステン以外の子(ダミオン?)の娘なので、リアンドラの従姉妹に当たる。メイジの娘を産む。生死不明。
リアンドラ:ファウステンの娘、ホーク姉妹の母。
ギャムレン:ファウステンの息子。

 レヴカの娘がDA:Oのウォーデン・メイジなので、ホーク達にとっては又従兄弟?かな。この話は、メイジ・オリジンのセーブファイルをインポートしないとゲーム内では聞けないようです。

|

« [Dragon Age 2]War編‐Birthrightその2(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]War編‐Fool's Rush Inその1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]War編‐Portrait of the Past:

« [Dragon Age 2]War編‐Birthrightその2(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]War編‐Fool's Rush Inその1 »