« [Dragon Age 2]On The Looseその5 | トップページ | [Dragon Age 2]On The Looseその7(ラスト) »

2011.08.17

[Dragon Age 2]On The Looseその6

Quest:On The Loose

 最後のアポステイト、エヴリナをダークタウンへと追跡します。彼女は、既に追跡してきたテンプラーを殺しています。

Mage_3372

Mage_3373

「あんたが欲しいような物はここには何も無いぜ。」

Mage_3374

「とっととハイタウンに戻れよ、俺達に構うな!」

Mage_3375

「ブラッド・メイジにしちゃ、ちょっと若すぎるわね、それにエブリナは女の子の名前だし?」

Mage_3376

「エヴリナじゃないよ。俺はウォルターだ。エヴリナは俺達の…友達だった。母さんみたいなもんだった。」

Mage_3377

「エヴリナはダーク・スポーンが襲ってきた時に助けてくれたんだ、俺らの両親が死んだ時にね。カークウォールまで無事に着くようにしてくれた。」

Mage_3378

「彼女に会いたい。」

Mage_3379

「だけど彼女がここのサークルに入ったとたん、やつらはアポステイトだって決めつけたんだ、フェレルデンのタワーを逃げ出したからと。彼女は閉じ込められてしまった。」

Mage_3380

「あなた達もフェレルデンから来たの?」

「そうさ。ここに来るまで、僕らだけが生き延びたって思ってたんだ。」

「彼女は一体何を期待していたの?『ようこそ!これは君の腕白坊主達に上げる金貨だ!』だとでも?」

Mage_3381

「僕らみたいなのはこんな風な生活が当然だっていうのか?エヴリナは僕らに、故郷と同じ生活を与えたかっただけなのに。」

Mage_3382

「だけど彼女が僕らの所に戻ってきた時、テンプラーが彼女を追いかけてきた。」

Mage_3383

「テンプラーがエヴリナを怒らせたんだ。それで彼女がおかしくなって…」

Mage_3384

「彼女のせいじゃないよ!あの後凄く困ってたもん。それからトンネルの奥に走っていって、隠れてしまったの。」

Mage_3385

「黙れクリケット!連中に言ったら駄目だ!」

Mage_3386

「エヴリナは下水道にいるのね、じゃあ?」

Mage_3387

「あそこに行っちゃ駄目だ。僕らが喋った事が判って、彼女に怒られるから!」

Mage_3388

「怒られる?怒った彼女嫌いだ。か、隠れないと!」

Mage_3389

「クリケット!」

どこかで見た事があると思ったけど、クリケットはダークタウンで物乞いをしていた少年だった。
Act2ではエヴリナもポーション売りの前で物乞いをしていたはず。

Mage_3371

「チャンピオンがフェレルデン人だって聞いたけど、そんな馬鹿な事無いよな。」

------

例の集会所マップ。いやーな予感。

Mage_3390

「その…先にあんたの事を教えたら、彼女に怒られないかもって思ったんだ。だけどそしたら彼女が…」

Mage_3392

「ウォルター……」

Mage_3393

「こっちに来る!逃げろ!」

Mage_3394

Mage_3395

「そこに居たのね。逃げたら駄目でしょう、ウォルター。決まりが有るって知ってるでしょう。」

Mage_3396

「変ねえ…私の家では、乱暴な気違い女から逃げ出すのは良い事だって言ってたような気がするけど。」

Mage_3397

「あたしの子供達だ。お前やお前の同類が見捨てた子供達。」

Mage_3398

「お前もフェレルダンだね、あたしらと同じ。」

Mage_3399

「だけど同胞のあたしらがアンダーシティで飢えてる時、お前は砂糖菓子をむさぼり食ってる。」

Mage_3400
「お前のような裏切り者と、お前を送り込んだテンプラー共に唾を引っかけてやる。」

Mage_3401

Mage_3402

「カークウォールはあたしのものになるんだ!そうしたらあたしの子供達は街中を遊び場に出来る。」

Mage_3403

Mage_3404

エヴリナはやはりディーモンに憑依されていた。この攻撃は何だろう、アンダースのHPが一撃で1/4になってる。

Mage_3405

いっぱい来たー。

Mage_3406

「俺には判らない。エブリナは俺たちを愛して、助けてくれたのに。なんで今になって傷つけようとしたりしたんだろう?」

Mage_3407

「彼女はおかしくなってしまったのよ。子供を十人も一人で面倒見ていたらそうなるわ。あるいはディーモンのせいかもね。」

Mage_3408
「彼女を殺さなくたって良かったのに。他に方法だってあったはずだ。」

Mage_3409

「これはきりがないんだ。テンプラーがこうするように仕向けている。」

Mage_3410

「連中が僕達に過激な手段を取らせている、ただ自由であるという事だけのために。」

Mage_3411

「エヴリナがそうだったように。」

Mage_3412

「その通り。」

Mage_3413

「これから俺らどうしたらいいのか、判らないよ。」

Mage_3414

「これをあげるから、無駄遣いしないのよ。」

Mage_3415

「ありがとう、メッセーレ。他の子にも食べ物を買ってやらないと。もう長い事ろくに食べてないから。」

ギャロウズに戻って、メレディスに3人見つかったと伝えなきゃ。捕まえろとは言われなかったしね?

|

« [Dragon Age 2]On The Looseその5 | トップページ | [Dragon Age 2]On The Looseその7(ラスト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]On The Looseその6:

« [Dragon Age 2]On The Looseその5 | トップページ | [Dragon Age 2]On The Looseその7(ラスト) »