« [Dragon Age 2]Legacyその16(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Finding Nathanielその3(ラスト) »

2011.08.09

[Dragon Age 2]Finding Nathanielその2

Quest: Finding Nathaniel
 Act3の最初からハイタウンの広場で待ち続けていた女性がいます。すみません、ほんっとーにお待たせしました。ウォーデン話が続くのは偶然です。多分。

Finding Nathanielその1
Finding Nathanielその2
Finding Nathanielその3

Mage_2133

「お願いです、ディープ・ロードに戻って下さい。兄を捜しに。あなたしかお出来になる方はいません!」

---
.
再びディープ・ロードへ。

Mage_2809

七年前の遠征で、最初にキャンプを設営したところからそれほど遠くない場所。

Mage_2810


Mage_2811

「ナサニエル・ハウ?」

Mage_2812

「カークウォールのチャンピオンですな?」

Mage_2813

「それに…アンダース?」

「相変わらず友達には事欠かないようだね。」

Mage_2815

「君から逃げる方法は無いみたいだな、どうやら。」

Mage_2816

「そっちは僕の得意分野だから。」

Mage_2817

「そう言う言い方もあるかな。」

Mage_2818

「デライアはあなたが私の探検した経路を辿っていると言っていたけど、どうしてそんなことを?」

Mage_2819

「君が到達したディープ・ロードの奥地は、誰も到底辿り着けるなどとは思っていなかった所だ。」

Mage_2820

「ファースト・ウォーデン自らが、この調査を命じられた。」(※1)

「発見した財宝からは、私も充分な分け前を貰えることになっている。それに前払い金まで頂いた…余計な詮索をしないようにと。」

Mage_2821

「随分と激しい抵抗に遭ったようね。」

Mage_2822

「あのウォーデン・コマンダーがアーキテクトを殺した後、ディープ・ロードが再び活発化するまでには、数十年は掛かるだろうと我々は考えていた。」(※2)

Mage_2823

「ウォーデンの同盟者達も、これらの地下道は未だ十分片付いているだろうと保証していた。」

Mage_2824

「しかしどうやら彼らも間違っていたようだ。」

Mage_2825

「随分ダーク・スポーンについて詳しい人達のようね。その同盟者ってドワーフなの?」

Mage_2826

「いや、ドワーフじゃない。その…ややこしい話でね。我々は妙な時代に生きているとだけ言っておこう。」

えー。誰だろう。グレイ・ウォーデンもなんかあっちこっちで怪しい事してるなあ。

「アーキテクトって誰なの?」

Mage_2827

「アーキテクトは、言葉を話し、考える事が出来る初めてのダーク・スポーンだ。極めて、危険な存在だ。」
「彼はその『能力』を他のダークスポーン、ディサイプルにも分け与えた。幸いにも、それらの数は非常に少ない。」

Mage_2828

「例のタイグへの地図を誰かに描いてあげた覚えは無いわ。誰から聞いたの?」

「バートレンドという名前の、不幸なドワーフさ。」

あら。そう言えば生きてましたね。サナトリウムかどこかに居るはずです。

Mage_2830

「彼の情報が確かな物かどうか、確信は持てなかったが、君や、あるいはヴァリックと接触するのは危険だと考えられた。」
「我々が例のタイグに興味を持っていることを知ったら、君が戻ってくるのではないかと恐れたのだ。」

Mage_2832

「お友達と会えて嬉しいけど、これ以上私達がこのダーク・スポーンで埋まった地下道にいる必要は無いわけね?」
とっとと帰ろう。

Mage_2833

「私はまだ戻るわけには行かない。攻撃を受けた時に、遠征隊の残りの者とはぐれてしまった。彼らも未だ生きているだろう。」

Mage_2834

「彼らを救うために、さらに地下道の奥に行かねばならない。」

「あなたのような人以外に誰が生きていると思って?」

Mage_2836

「何名かのウォーデンは最初の奇襲を生き延びた。恐らく、ヴィジルズ・キープから同行したドワーフも生きているだろう…。」
「だが誰がまだ生きているか?メイカーのみぞ知ると言うところだ。」

Mage_2837

「生存者を見つけないといけないわね。行きましょう。」

Mage_2838

「急いで移動しよう。ダーク・スポーンに警戒を怠るな。」

---
.

Mage_2839

 どうやらこの辺りの宝箱から、"Vestments of Sacrifice"を拾っていたようです。性能的にはぼちぼち。第二のブライト当時にグレイ・ウォーデンのメイジが着用したローブの、精巧な複製品とCODEXには有ります。

Mage_2840

 で、何でそれがチャントリーのシスターとそっくりなの?

---
.

Mage_2841

 あ、ここは。

Mage_2842

 やっぱり。かつてのディープ・ロード遠征でサンダルがダーク・スポーンを撃破していた場所です。

Mage_2843

 わらわらとダーク・スポーン登場。これを一人で倒したのだからやはりあいつはただ者ではない。

Mage_2844

「ハウ旦那!生きとられたか。」

Mage_2845

「テムリン。君もだ!他に生き残りはいるか?」

Mage_2846

「この先じゃねえすかね、たぶん。こんな大地の腹ん中で、変わった方々にお会いするもんですな。」

Mage_2847

「サー・フェンレイが気になさらんと良いんですがね、そこと、あっちに爆薬を仕掛けときやした。」
「あっしが我らが岩ん中に眠る前に、なるたけ多くのスポーン共を吹き飛ばしてやろうと思いやしてね。」

Mage_2848

「どうやってクナリの爆薬なんて手に入れたの?」

Mage_2849

「クナリの爆薬じゃありゃしやせん。ドワーフ製でさ。忘れんで貰いたいもんでさ。」

Mage_2850

「テムリンの従兄弟のドゥオーキンは、ヴィジルズ・キープで爆薬を製造していたんだ。」

Mage_2851

「へい、その通りで…あの忌々しいクナリのせいでやつが身を隠さなきゃ行かんことになるまでですがね。」

Mage_2852

「その爆薬で何をしていたの?」

「君が見つけたタイグの周囲を、大がかりに掘削する準備をしていたんだ。」

「うまいこと『ボカーン』を仕掛けられたら、岩屑を片付けるには最高ですからな。」

Mage_2853

「爆薬がずらりと仕掛けられた回廊に、ダーク・スポーンがうようよですって?私の誕生日のお祝いならまだ先よ!」

「テムリン、この後ろの道は片付いてる。行ってウォーデンに伝えてくれ、万が一私達が戻らなかった時のために。」

Mage_2854

「へい。この地下道沿いずっとに爆薬を仕掛けときやした。」

Mage_2855

「忌々しいスポーンを精々吹っ飛ばしておくんなさい。あんた方に我らが岩のお恵みを。」

------------
(※1)遠くアンダーフェルスはヴァイスホプトに居る、グレイ・ウォーデンで一番偉い人。DA:Oでのブライトの発生に際しては、壊滅状態に陥ったフェレルデンのウォーデン部隊を補強するためリオーダンを派遣してくれました。
 ただ、何分ここカークウォールからはえっらい離れた場所にある(アンダーフェルス自体が、元々テヴィンター帝国領でしたが第二のブライトの時に見捨てられたくらいのド田舎)のと、アンダーフェルスの国内政争に忙殺されて、なかなか局地のウォーデンの活動まで目が行き届かないようです。だからジャネカのような跳ねっ返りも出る。

 この時点では誰がファースト・ウォーデンなんでしょ。DA:Oの主人公ウォーデンだとしたら、いくら何でもシーカーは知っているでしょうから、別の男性でしょうね。

(※2)Awakeningでの話ですね。主人公はウォーデン・コマンダーとしてアマランシンに赴任し、目覚めたダーク・スポーンであるジ・アーキテクトと協力、または殺す事になります。この世界(デフォルトの"No Compromise")では、ジ・アーキテクトは殺した事になっているようです。まあ、ドワーフ・ウォーデンだしな。

---
 ところで、今はテヴィンター帝国とグレイ・ウォーデンは縁が切れていると見て良いのかな。グレイ・ウォーデンはアンドラステ信仰だから。するとテヴィンター帝国内で次のブライトが起きたら、面白いことになるね。
 それこそマジスターと配下の傭兵/奴隷部隊でダーク・スポーンとの戦闘は何とでもなっても、アーチディーモンは倒せない。倒しても復活する。そこはセントラル・ドグマだからひっくり返せない。最寄りのグレイ・ウォーデン部隊はオーレイ、死んでも応援は頼めない。
 オーレイもメイジは反乱するわ、テンプラーまで離反して勝手に戦争始めようとするわで、それどころじゃない。クナリも虎視眈々と機会を狙っている。どーする。
(↑ここまではゲーム内の事実に基づく仮定。)

(↓この下は妄想。)
 誰か居るよね。メイジで、内心テヴィンターシンパで、その時点でホワイト・チャントリーから間違いなくお尋ね者になってる(元)グレイ・ウォーデンが。彼の身柄を、アンダーフェルス本部が確保していたとしたら?あるいは既に帝国内に居るとしたら?
 DA3で出てきてくれないかなー。
 殺した?知らんがな。死んでも死なない人だけど(ヴィジルズ・キープ陥落で実証済み)。
 あるいはここでフェレルデンのウォーデン・コマンダー登場でも良いんだけど、さすがにそれは遠そうな気がする。それに鏡の向こうの別世界に行っちゃってる場合もあるしなあ。

|

« [Dragon Age 2]Legacyその16(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Finding Nathanielその3(ラスト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]Finding Nathanielその2:

« [Dragon Age 2]Legacyその16(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Finding Nathanielその3(ラスト) »