« [Dragon Age 2]イザベラを逃がさない方法を考えてみる。 | トップページ | [Dragon Age 2]A New Pathその3 »

2011.08.25

[Dragon Age 2]A New Pathその2

Quest:A New Path

 メリルと一緒にサンダーマウントの頂上、かつて彼女とキーパーがディーモンと出会った場所に向かいます。

Mage_3612

以前フレメスと対面した祭壇。

Mage_3614

「ミサル、全ての者の母、エルフの民の守護者よ、我らを見守りたまえ、我らの歩む道は危うき故に。」

「我らを暗闇より救いたまえ、かつてそう為されたように、そして我らは君が名を天空の王国に讃えん。」

Mage_3615

「ごめんなさい。足止めするつもりは無いのだけど。その…ミサルにお祈りもせず通り過ぎるのは賢い事ではないから。」

Mage_3616

「ミサルは何なの?あるいは誰?」

Mage_3617

「彼女は守護者よ、創造主達の母親。月を創り空に置いた者。全ての神々で最も賢明な存在。」

Mage_3618

「エルガナンが父親である太陽を倒した時、大地は暗黒に包まれた。全ての物がまさに滅びようとしていた。」

Mage_3619

「ミサルがその時現れ、エルガナンを取りなして太陽を天空の王国へと戻した。だからエルフの民は、いつもミサルに救いと保護を求めるわ。」

「彼女は気むずかし屋かも知れないし、私もお祈りした方が良いかしらね。」

「悪くは無いでしょうね。ミサルがあなたに微笑むならば何も恐れる事は無い、と言われているの。」

「だけど彼女を怒らせる者は、大地からの怒りに撃たれる…まるで最初から彼らに命など無かったかのように。」

------

Mage_3620

Pride's End 『高慢の果て』?あまり良い意味には思えないけど。

Mage_3621

何かある。とりあえずハーブ(Falandaris)は先に貰っておく。

Mage_3622

Mage_3623

「何かおかしいわ。ここにそのスピリットが縛られていたのに。」

Mage_3624

「だけど今は…空っぽのように感じられる。」

Mage_3625

「誰が、何のためにそのディーモンをここに縛り付けたの?」

Mage_3626

「戦いが有ったの、遠い昔に。エルフの民と、テヴィンター帝国の間で。」

「マジスターがアーラサンを地に沈めてしまった後、エルフの民は最後の抵抗として、ここで、我らの祖先達の墓場の側で戦った。」

Mage_3627

「その攻撃…最後の、報復攻撃については聞いた事があるな。やつらはこの山々の上に絶望的な混乱と破壊をもたらし、エルフの民に抵抗は無意味だと悟らせた。」

この声はフェンリス。(※)

Mage_3628

「このスピリットを縛り付けたのが古のエルフの民なのか、テヴィンターなのかは判らないわ、だけど彼はその戦いの後、ずっとここに取り残された。」

Mage_3629

「それ自身が自ら逃げ出したということはないの?」

Mage_3630

「この牢獄を壊して彼を自由にするためには、とても強力な魔法が必要。」

Mage_3631

「ただ単に彼を解き放つなんて出来るわけがないの。誰にも出来ない。何か、ひどく恐ろしい事をしない限りは。これは、絶対間違ってる。」

Mage_3632

「じゃあ、もうあの鏡を修理する事は出来ないの?」

Mage_3633

Mage_3634

「判らない。一体何が起きたのか。」

Mage_3635

「どうして彼が居なくなるなんて事が?」

Mage_3636

「私が、そうした。」

Mage_3637

「キーパー…」

Mage_3638

「一体何をなさったのですか。」

Mage_3639

「ディーモンの計画は、そなたにあの鏡を完成させる事であったのだ。鏡はこの牢獄から脱出し、我らの世界へ入り込む扉となるはずだった。」

Mage_3640

「そなたはやつの最初の犠牲者となったであろうな。」

Mage_3641

「そのようなこと、起こさせる訳には行かなかった、幼き子よ。」

Mage_3642

「ここまでわざわざ私達に山登りさせる前に一言、ディーモンはもう居なくなったと伝えようとは考えになりませんでした?」

Mage_3643

Mage_3644

Mage_3645

「居なくなってなどおらぬ。」

Mage_3646

Mage_3647

「やつが囚われている間は、フェイドの中で戦う事は出来なかった。そして解き放ち、より強力になったやつを消し去る事も出来なかった。」

「故に、私自身をやつの牢獄とした。私を殺すのだ、そうしてやつも共に死ぬ。」

Mage_3648

「メリルはようやく、何者にも傷つけられぬようになろう。」

Mage_3649

「嫌です!」

Mage_3650

「そんな事…私はそんな事しません!」

Mage_3651

「そなたには判っていたはずだ、ブラッド・マジックには代価が伴う、幼き子よ。」

Mage_3652

「私が、そなたの代わりにそれを支払った。」

------------

画像数激増。一旦切ります。

(※)ここで喋っているのはフェンリスなのですが、どうやっても彼の顔が画面に出てきません。メリルとフェンリスだけ連れてきても、さらにはパーティに入れる順番を変えても駄目。どうやらバグらしいです。

 メリルはデーリッシュ側、フェンリスはテヴィンター側の伝説を語っていて非常に興味深いシーンなのですが。がっくし。

|

« [Dragon Age 2]イザベラを逃がさない方法を考えてみる。 | トップページ | [Dragon Age 2]A New Pathその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]A New Pathその2:

« [Dragon Age 2]イザベラを逃がさない方法を考えてみる。 | トップページ | [Dragon Age 2]A New Pathその3 »