« [Dragon Age 2]Questioning Beliefs - フェンリス(Act3) | トップページ | [Dragon Age 2]Faithその2(ラスト) »

2011.07.22

[Dragon Age 2]Faithその1

Quest:Faith

 久しぶりにセバスチャン登場。チャントリーでグランド・クレリックと何か話しているようです。

「……ファースト・エンチャンターの振る舞いは限度を超えています!」

「彼は腹を立てていたのですよ。」

---

Mage_1988

「公式なご回答を示されるご予定は無いのですか、閣下?」

Mage_1989

「何か問われていたでしょうか?」

Mage_1990

「メイジについてです!閣下が進み出られれば、この対立の炎を鎮めることが出来たかも知れません。」

「チャントリーの教えは明らかです。それらに背を向ける者はアンドラステ自らの言葉にも耳を貸さないでしょう、ましてや私の言葉など。」

Mage_1992

「メイジがこうで、テンプラーがああで。カークウォールでその話をしていない所って無いのかしらね?」 

Mage_1993

「最後にメイジがチャントリーに対して反乱を起こした時は、テヴィンターが支配力を強めるだけの結果となりました。その事を無視するべきではないでしょう?」

Mage_1994

「やっぱり君は良いことを言うな。」

Mage_1995

「こうも事態が急速に悪化するとは、予想していませんでした。クナリの騒ぎの後では、誰もさらなる暴力など望んでは居ないと思っていたのですから。」

「私は既にかなりの注目を集めてしまっています。それでセバスチャン、お願いしたいことが…。」

Mage_1996

「何なりと、閣下。」

Mage_1997

「それにチャンピオンも、もし出来ましたら…?」

Mage_1998

「どのみち、これ以上悪くはならないでしょうね。」

「何をお言いつけになりたいのですか?」

Mage_1999

「ディヴァインはここの状況に懸念を抱いておられます。彼女はフリー・マーチズが新たなテヴィンターになる事をお望みではありません。」

「それで彼女は、この危機を調査するための……代理人を遣わされました。彼女と会って下さい。そして極端な手段は不要だと伝えて下さい。」

Mage_2000

「ディヴァインの軍隊がカークウォールに進軍して来るというのは、嬉しくないわね。」

Mage_2001

「まさか、ディヴァインがこの都市全てを敵と見なすはずがありません!」

「彼女は既に懸念を抱いておられるのです。あのような権力者の関心を引くというのは、決して賢明なことではありません。」

Mage_2002


「彼女はアンドラステの代弁者です。チャントリーの力を、単に…怪しい物事に近しいからというだけで無辜の人々に向けることなど、出来るはずがありません。」

Mage_2003

「聖戦において無辜の人々が傷つくことはありませんでしたか?彼女は最善を尽くされるでしょう、セバスチャン。しかしあの方が第一に守らねばならないのは、チャントリーへの信仰なのです。」

「そのディヴァインの代理人について、何か判っていることはないの?」

Mage_2004

「彼女の本名は告げられませんでした、ただシスター・ナイチンゲールと呼ばれていることしか。ディヴァインの左手と目される方で、ディヴァイン自らの名を汚しかねない任務のために遣わされるということです。」

「どういう論旨なら彼女を説得出来るかしら?」

「既にディヴァインは私の抗議を聞かれました。後はあなた方ご自身の説得力を信じるしかありません。」

Mage_2006

「それなら、こうしてはいられないわね。」

Mage_2007

「ありがとうございます。この……馬鹿げたメイジの反乱ごっこを聖戦に変えることなど、許す訳にはいきません。」

Mage_2008

「その代理人の、シスター・ナイチンゲールは、今夜ヴァイカウントの謁見室でお待ちになっているはずです。彼女は…誰の目にも止まらぬようにとのご意向です。」

「あの部屋は、クナリの一件以降閉鎖されたままです。注意を引くこと無しに中に入るのは、困難かも知れませんが。」

---

Mage_2009

パーティ選択。何故かセバスチャンは固定メンバーではありませんが、多分彼無しでは話が進まないでしょうね。(※)進むらしい。何という役立たずぶり。

ま、さっさと行きましょう。

Mage_2010

「フリー・マーチズが敵国であるかのように、ディヴァインがテンプラーを送り込むことなど、考えただけで身震いがします。」
---

夜のヴァイカウントキープ。警備に立つシティガードが挨拶してくれます。

Mage_2012

「ヴァイカウントの謁見室は、彼の死後は封鎖されています。聖なるシスターがいらっしゃるには奇妙な場所です。」

---

Mage_2014

Mage_2015

「すると、ディヴァインでさえ私達を恐れるようになったわけね。当然だわ。」

Mage_2016

「スパイを殺せ!」

Mage_2018

Mage_2021

Mage_2022

増援?

Mage_2023

ばしゅーん!煙幕と共に剣が何かを切り裂く音。

Mage_2024

「リゾリューショニストね。連中がこの一件に関係していると気づいていて当然だったのに。」

Mage_2025

「リゾリューショニストって何者?」

Mage_2026

「サークル・オブ・メイジャイの中の、友好団体から別れた過激派よ。」

Mage_2027

「そしてマジスター共から援助を受けている。」

Mage_2028

「証拠は何も無いわ。」

Mage_2029

「数多くのメイジが、テヴィンターなら自由に振る舞うことが出来ると考えているのは断言してもいいな……ところが連中は、帝国で自由に振る舞えるだけの権力を持つ者はほんの少数だという事を、すっかり見落としている。」

Mage_2030

「チャントリーからの自由と、サークル・オブ・メイジャイの廃止を訴える派閥は常に存在します。私達は彼らを……大目に見て来ました。」

「だけどリゾリューショニストは暴力的になるばかり。ここの騒動の後ろで糸を引いていてもおかしくないわね。」

------------
以外と問答が長かったので次に分けます。

|

« [Dragon Age 2]Questioning Beliefs - フェンリス(Act3) | トップページ | [Dragon Age 2]Faithその2(ラスト) »

コメント

>>月見草様
コメントありがとうございます。
うわぁ。何という役立たずぶり。やっぱり王子様は下々の者に働かせるのかって、エルシナから直々に頼まれていてその態度どーよ。(笑)

私は、完結したのは3回位ですねー。このプレイスルーの途中で完走したキャラも居ますしが、これが多分4周目です。
男ホーク側も見ないとなあ、とは思うんですがね。

投稿: Laffy | 2011.07.22 23:09

セバスチャンいなくても話進みますよw
http://www.youtube.com/watch?v=pL4c-fywPKM
やっと二周目終わりました、寝る時間削ってやっとですよー、翻訳難しい所はVanityさんとLaffyさんの翻訳を参考にさせてもらいました、ありがとう。
あとパーティコメントとかキャラの話す優先順位があるのはyoutubeのDanaDuchyさんのところを参考にしました、全部自力で見るのは大変ですからね。
http://www.youtube.com/user/DanaDuchy
そういえば、Laffyさんは何周目何ですか?
自分はフェンリスとアンダースのフレンドロマンスを見ただけで満足してますw

投稿: 月見草 | 2011.07.22 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]Faithその1:

« [Dragon Age 2]Questioning Beliefs - フェンリス(Act3) | トップページ | [Dragon Age 2]Faithその2(ラスト) »