« [Dragon Age 2]Legacyの声優さん他 | トップページ | [Dragon Age 2]All That Remainsその2 »

2011.07.10

[Dragon Age 2]All That Remainsその1

Quest: All that remains(残されたもの)

 さて。
 "Legacy"の発表やらAct3を進めていたことやらもありますが、更新が遅れた最大の理由は、やりたくないんだよねこのクエスト。まあ頑張ってやりますか。所詮お話なんだから、ね。

 ホークが久しぶりに家に帰ると、ギャムレンが訪れていました。サンダルに何か問いただしていますが?

Mage_1001

「エンチャントメント!」

Mage_1002

「違う!リアンドラ!リ。アン。ドラ!」

Mage_1003

「叫んだって彼には判らないわよ、どうしたの?」

Mage_1004

「やっと帰ってきたか!お前の母さんはどこに居るんだ?病気でもしたのか?」

「そう言われたら、叔父さんの反応を見るために『病気なのよ』って言いたくなるけど。」

Mage_1005

「毎週会う約束の日なのに、お前の母さんは顔を見せなかった。本当に病気なのか?うちにいるんだろう?」

Mage_1006

「いいえギャムレンさん。奥様を丸一日お見かけしていません。」

「じゃあどこに居るんだいったい?」

「求婚者とご一緒なのでは?ひょっとして。」

「求婚者だと?リアンドラはそんな事は一言も言ってなかったぞ。」

「ですがそこのユリが、今朝方奥様にと届けられましたし。」

Mage_1007

「待って。白百合ですって?聞いたことがあるわね。」

Mage_1008

「俺にも判るように説明しろ。何の話だ?」

Mage_1009

「被害者に前もって白百合を贈る連続殺人犯がカークウォールに居るの。もう何人もの女性を殺してるわ。」

Mage_1010

「助けになるかも知れない人を知ってるわ。ガスカード・デュプイ。」

Mage_1011

「いいや。そんな馬鹿な事があるか。リアンドラは無事だ。」

Mage_1012

「楽観的に考えるのも悪くは無いでしょうけどね。」

Mage_1013

「そうだ…多分リアンドラとは、俺の家に来る途中ですれ違ったのかも。それを見逃しただけかも知れん。ロータウンに戻るよ。」

Mage_1014

「ギャムレンさんと一緒にお母様を捜しに行かれた方がよろしいのでは。夜の方が、通りに人も少ないですから探しやすいでしょう。」
「大丈夫。息子と私はここに残っていますから、奥様がお戻りになった時にはお知らせします。」

---
ガスカード・デュプイ。アレッサの事件で見逃した後、ダークタウンに隠れると言っていましたね。

Mage_1014

『まず白百合が贈られてくる。奴は新たな犠牲者全てにその花を贈っている。アレッサが次になるところだった。』

---

Mage_1015

ダークタウンへ向かいます。アンダースクリニックと反対側、南の端に居ました。

Mage_1016

「ガスカード!」

Mage_1017

「ホーク?こんな所で何をしているんだ?やつについて何か判ったのか?」

Mage_1018

「……そういう事かも知れないわね。私の母が連れ去られたかも知れないの。」

Mage_1019

「殺人犯にか?…まずいな。やつが再び、こんなに早く動き出すとは予想していなかった。」

Mage_1020

「アレッサのことを覚えているか?君が救った女性だ。私が予見したとおり、君たちが我々を見つけてからそれほど経たないうちに、やつは彼女を連れ去った。」

Mage_1021

「私の手元に、彼女の血がある。一回分の儀式には十分だ。それを使えば、彼女を追跡できる。殺人犯のところに直行出来るだろう。」

Mage_1022

「やつを追跡できたのなら、どうして今までそうしなかったの?」

Mage_1023

「君たちが私のシェイドを全滅させたお陰で、私にはもう彼に立ち向かうだけの力は無い。しかし君の助けがあれば、今すぐやつの所に行ける。やつも我々全員には敵わないはずだ。」

「アレッサを追跡しようと思えば、あなたはブラッドマジックを使わないといけないのでしょう?」

「その通りだ、お嬢さん。それ以外に方法は無い。」

Mage_1024

「彼女の血を使ってちょうだい。母を見つけないと。」

Mage_1025

「下がって。この世界のどこかに、アレッサが残した物が何かあるなら、この儀式で見つけられるはずだ。」

Mage_1026


Mage_1027


Mage_1028

 

Mage_1029

Mage_1030

 

Mage_1031

Mage_1032

------

Mage_1033

いつぞやも、ネネッテを探しに訪れた鋳物工場

Mage_1035


Mage_1034

「前にも来たことがあるよな、そうじゃないか?」

Mage_1036

「今回は骨の入った袋以外に何か見つかるかどうか、怪しいけどな。」

「母さんはきっとこの辺にいるはずよ。辺りを探しましょう。」

Mage_1037

血痕を追跡すると、二階の隅に出ました。前回骨の入った袋を見つけた場所のすぐ裏です。

Mage_1038

「どうやら誰かさんは、隠れ家に続く扉を隠し忘れたようだな。」

「こんな扉、前は無かったわ。確認したもの。母さんはきっとこの下ね、やつと一緒に。」

------

Mage_1039

ローグ先行。

Mage_1040

レイジディーモンに下級シェイド。警戒用の雑魚でしょう。

ノートの切れ端があります。

1040b

「彼女の足を保存するために生石灰を使用。この方法で、肌の手触りが保てるかどうか、自信がない。別の方法も試そう。」
足の保存??

Mage_1041

Mage_1042

 

Mage_1043

まさか母さん?

Mage_1044

Mage_1045

「アレッサ!」

Mage_1046

何か落ちてる。
「うう、ひどい匂いだわ。」

Mage_1047

「母さんのペンダント。悪い予感がするわ。」

側に落ちていた紙片。

1047b

「メーレン…愛らしい名前だ。彼女の手だ。長くエレガントな指。なめらかな肌-生涯を学識に捧げた人の手だ。ああ、私の不格好な指を再び彼女の手の中に見る事が…」

地下には不似合いなベッドに本棚、ワードローブ、祭壇まであります。

Mage_1048

「これは…何?」

Mage_1049

「この絵の女の人……母さんそっくりだわ。」

Mage_1050

「妻に捧げた祭壇かな?それとも姉さん?」

Mage_1051

「母さんを見つけないと。今すぐ。」

Mage_1052

「これは大した本のコレクションだな。ブラッドマジック、ネクロマンシー…一体どこからこんな本を手に入れたんだ?」
 テヴィンターのマジスターならこの手の本はどっさり持っているはず。だけど誰が持ってきたの?

1051b

サークル・オブ・メイジャイからの手紙??

「親愛なる友よ、

 君の欲しがっていた本を入手した。いつもの隠し場所に置いておく。出来る限り早く回収してくれ。間違った物の手に落ちるのは見たくないからな!

 最後の手紙には実に興味をそそられた!不可能を可能にすることで、君は僕が間違っていたと再び証明した。君の決心を疑ったのは誤りだと認めよう、どうかこの先の進捗についても知らせてくれると嬉しい。

君の友であり同志として、
O」

「どうしてこんな本を持っているの?一体何のために?」

また別の紙片。

1051c

「今日は我々の結婚記念日だ。この日までに私の研究を終わらせたいとずっと願っていたが、あと一つの部分だけが見つからないのだ。本当に済まない、愛する人よ。どうかもう少しだけ待っておくれ。約束を忘れたわけではないから。
 それを見れば、すぐに判るはずだ。どこにあっても、あの顔は判るのだから。」

------------

 ブラッドマジックを使っての追跡ですが、フェンリスとアンダースのApprovalに変動はありませんでした。まあ、ホークの一大事ですからねえ(とか言うとTypical excuseになるけど)。唯一反対するのが宗教原理主義者。やだねー。

 書いていて思い出しましたが、メイジ追跡のためにサークル・オブ・メイジャイで保管するフラクタリーも血液ですね。興味深いです。

(2月12日追記)日本語版のクエスト名が「残されたもの」というのは名訳だと思う。翻訳する時に"者"なのか"物"なのかよーく注意するのが普通だけど、そこをあえて平仮名にしている。

|

« [Dragon Age 2]Legacyの声優さん他 | トップページ | [Dragon Age 2]All That Remainsその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]All That Remainsその1:

« [Dragon Age 2]Legacyの声優さん他 | トップページ | [Dragon Age 2]All That Remainsその2 »