« [Dragon Age 2]Questioning Beliefs - メリル | トップページ | [Dragon Age 2]Legacy、リリース日確定。 »

2011.07.08

[Dragon Age 2]アボミネーション、アンダースとメリル

 先にメリルに「良き精霊なんて居ないわ、そんな事も知らなかったの?」と言われたアンダースが反撃に出ます。

0707064

「良い気分の物じゃないぞ、判ってるだろう?」

「何が?」

「アボミネーションであること。君の未来を垣間見たと言うところさ。」

「私はそんな馬鹿じゃないわ。私達の関係は、そう、完全にプラトニックなの。」

「そうだな、君が自分の身体の中に捕らわれているようなものだ、自分の目で外界を見ているが、その間も誰かが君の身体を操り人形の様に動かしている。」
「君は叫び声を上げようとする、しかし唇さえ動かせない、どこにも逃げられない。そして君は、自分の手が血まみれという事に気がつく……」

「やめて。怖がらせようとしてるんでしょ。」

「そのつもりだ。」

------

0707064

 アンダースについては"Love Interest"の小編にもあるように、当初はジャスティスが身体の支配権を持つ間も意識はあり、後から何をしたかも思い出せたようですが、後にはしばしば記憶が飛ぶ事もあったようです。完全なアボミネーション(彼の場合はヴェンジェンス)となるのは、結局は時間の問題なのですね。アンダースとライバル関係になって彼を説得する事で、その辺りの話がもう少し詳しく聞けるようになります。

  ところでブラッドマジックを使用するためには、必ずディーモンと取引しないといけないかというと、どうもそうではないように思います。アンダースはそう言ってますが。ちょっと整理してみましょう。

第一段階:血液を、ヴェイルを乗り越えるための反応エネルギーを下げる触媒として使用する事で、ディーモンとの取引が可能になる。ディーモンは元々現世に来たくて仕方がないため、ほいほい呼び寄せられる。(現世の方が後から作られたため、良い世界だと思っている?)一方スピリットについてはそれほどでもない。

0601055

第二段階:召還を繰り返す事で、ディーモンはメイジの身体への足がかりを得て、次第に支配力を増していく。あれですね、悪徳業者に一回引っかかるとリストが回って、そこら中から勧誘電話やスパムが飛んでくるみたいな物です。また、サンダーマウント頂上、あるいはハリマン伯爵邸地下のように、元々非常にヴェイルが薄くフェイドと接触しやすい場所もあるようです。

0707064

第三段階:最終的にメイジが生命の危険にさらされ自制心を失う、あるいは自らの意志によって身体を捧げる事で、アボミネーションが発現する。 

 これがDA2の中で見られる、アボミネーションの発現に至る過程です。メリルは第二段階、アンダースは(ディーモンでは無いにせよ)既に第三段階にいると考えられます。これが正しいとすると、ブラッドマジックの使用はアボミネーションに変化するほぼ不可逆なプロセスの始まりであり、忌避されるのは当然でしょう。

------

0707064

 ところで、ダナリアス始めテヴィンターのマジスターは、フェンリスの言うようにほぼ全員がブラッドメイジです。なら彼らは皆ディーモンと取引しているのか。ミンラソウスはアボミだらけ?それじゃ困りますよねえ。

 しかも強力なメイジであればあるほど、アボミネーションとなったときの被害は絶大な物となります。フェンリエルのような特殊な能力を持つメイジの場合、それこそ都市一つ(最もこの時代の都市はそれほど大規模ではないでしょうが)を犠牲にしても止められない、ほとんどブライトに等しい惨状が予想されます。そんな危険性を抱えたままテヴィンター帝国が、一千年以上も大国でいられる物か、どうか。

 テヴィンターでは有史以来ブラッドマジックが広く使われていることから、テヴィンターのサークルではその知識を伝えているはずです(ブラック・ディヴァインはサークルの最も強力なメイジから選出されるため)。ひょっとするとテヴィンターでは、マジスターがアプレンティスを指導する事でそのスキルを伝え、ディーモンと接触することなくブラッドマジックを使用出来るのではないでしょうか。

 ブラッドマジックを学べば、精神力の代わりに血液を魔法を使用するための基質として使用することが出来ます。他人の血液まで使えるとなれば、これは強力です。またブラッドマジックを知らないと使用出来ない魔法も有るようです。ネクロマンシーももちろんそうですが、シェイドを召還したり、さらにはディーモンを使役するには間違いなくブラッドマジックの知識が必要でしょう。

0707064

 一方チャントリー支配下の地域ではそれらの知識は失われてしまったため、より強力な力を求めるメイジはディーモンと直接取引しないといけなくなりました。しかもサンダーマウントのように、テヴィンターと古のエルフ帝国が最終決戦のため激戦をこの地で繰り広げた歴史から、カークウォール近郊にはあちこちにその遺跡(=ディーモン召還の跡地)が残っています。
 実際洞窟や地下を掘ったらディーモンと対面出来るくらい、ヴェイルの脆弱な部分が散在します。テンプラーがこの地で必死になるのも、無理はありません。

------

まとめ。

何事にも先達はあらま欲しきことなり。
テンプラー頑張れ。
あれ?

|

« [Dragon Age 2]Questioning Beliefs - メリル | トップページ | [Dragon Age 2]Legacy、リリース日確定。 »

コメント

コメントありがとうございます。
ブラッドマジックがフェイド(ディーモン)に関係があるのか、無いのかが今ひとつ不明ですね。そこがよく判らないところです。
ディーモンは現世にでたくて仕方がない訳ですから、恐らく声を掛けてきたメイジには相当良い条件の取引を持ちかけるはず。メリルも「とっても親切だったわ」とか……(..;)なんだかだんだんテンプラーが可哀想になってきます(笑)。
末端のテンプラーが悪い訳じゃなくてチャントリーだよねやっぱり、とか。つまり組織的にダメポ。

投稿: Laffy | 2011.07.09 00:03

ブラッドマジックこそ、「メイジ本人や他の生き物の血液のみを用いることで達成できる、フェイドに無関係な、純粋無比な魔法の形態」というのが推進派の意見である、とかどこかに書いてありましたね。テヴィンターサイドの牽強付会なのか。

 ディーモンが介在するのは「現世では禁断となって喪われた」ブラッドマジックの秘法を、求めるメイジにお土産がわりに提供することだと私は解釈してました。そういうメイジを結局現世への窓口にしてしまうのでしょうけど。

 権力志向のテヴィンターでブラッドマジックが蔓延してしまっているのになぜ均衡が保たれているか。核武装のアナロジーでしょうね。相互確実破壊なので強力なメイジ同士皆手詰まりになってしまう。でもディーモンにとっては現世が尽く破壊されたって最終的にはある意味お構いなし。悲しみや憎しみをエネルギー源にしてるから一時的には都合がいい(破壊しつくした後は獲物がなくなって残念な結果になってしまうけど)。そういう危うい基盤の上にあることは間違いないですね。

 テンプラーは理念はともかく、組織運営がまずいですよ(笑)。これも官僚主義のアナロジーなんでしょうけどね。


投稿: Vanity | 2011.07.08 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]アボミネーション、アンダースとメリル:

« [Dragon Age 2]Questioning Beliefs - メリル | トップページ | [Dragon Age 2]Legacy、リリース日確定。 »