« [Dragon Age 2]Legacyその1 | トップページ | [Dragon Age 2]Legacyその3 »

2011.07.29

[Dragon Age 2]Legacyその2

Quest: Legacy
 荒野からヴィンマーク峡谷へ。カルタの隠れ家を探しに向かいます。

本文ネタバレ注意報発令中。

.
.
.
.
.
.
.

Mage_2204

荒れ果てた要塞、あるいは城砦?

Mage_2205

ここがヴィンマーク峡谷でした。逃げたドワーフを追っていくと…。

Mage_2206

死ななくて良かった。ヴァリック先行でないと危険です。ここら辺りの戦闘はとてもチャレンジング。ギミックも色々。

Mage_2210

「ウォーデンから去った時、僕はもう一分だってディープ・ロードで過ごすまいと誓ったのに。」

「『去った』?まるでお互いに合意があったような言い方だな。」
フェンリス。文字色変えてみました。

「判ったよ。逃げた。それがどうした?」

「サークルから逃げ出し、ウォーデンからも逃げだし…お前の癖か。」

「君の家族から逃げて、一直線にダナリアスへ。ダナリアスから逃げて、一直線にホークへ。」
「もしかすると、君が思うより僕らは似てるのかも。」

「俺は最初からそう言ってるぜ。」

Mage_2211

大きな門の鍵が開きません。まだ他に探すところがあるようです。

Mage_2214

おー。何だろうあれは。

Mage_2215

眺めの良い場所には、短めのカットシーン付き。

Mage_2216

道なりに進むと門の鍵が入った、古ぼけた箱が有りました。

「偵察部隊からの報告

 私の部隊は、ヴィンマーク山脈の北通商街道を見渡している、あの要塞化された建造物を評価するため派遣された。ヴァイカウントの蔵書によれば、これらの建造物は古代のグレイ・ウォーデン要塞の一部であり、山道を監視するために建造されたが、フリー・マーチズがテヴィンター帝国からの独立を得た後に廃棄された物と推定される。

 我々の調査はこの建築が、その年月にもかかわらず極めて頑丈である事を示している。要塞の基礎は予想していたより遙かに岩盤の深くまで入り込んでいる。表層から2レベル下で我々は、山その物に彫り込まれたような、一連の入り組んだ地下通路を発見した。私はそこにキャンプを設営するよう部下に命じた。

 そう時間も経たない後に、我々の新人の一人が深部からの声が聞こえると報告してきた。彼は逆上し、我々に即座にここを去るようにと訴えてきた。このような閉所に不慣れな者は、しばしばその様なヒステリー症状を示す。幸運にも、彼が他の部下に影響を与える前に彼を鎮めることが出来た。

 しかし、今朝彼の姿が見えなくなっていた。彼の足跡は洞窟の奥へと続いている。彼を追いかけなければならない。

-偵察部隊の報告、非常に古い物のように見える。」

さっきの大門を開けて、さらに東へ進みます。

「ブロントは少し待て!ホークは生かしておく必要がある!」

Mage_2219

逃げる射撃手、追うわんことフェンリス。前方に罠!

Mage_2220

言わんこっちゃない。

Mage_2221

いよいよカルタの隠れ家に侵入しました。

Mage_2222

またバンター。
「おい、エルフ、お前は滅茶苦茶運が良かったな。」

「ダイアモンドバックのあのゲームの話か?またか?」

「あんなブラフは今まで一回だって見たことがないぜ!間違いなくお前は空手だったと思ってるがな。」

「ふふん。その通り。俺がサーパント4つ持っていたのを見抜いたのは君が初めてだ。」

「だろう?今まで見た中で最高の幸運児だ。」

 あれ、これは別の時に撮ったのかな?でも同じ場所だし?なんかだんだん、バンターなのか、シナリオに関係するのか分からなくなってきましたよ。

Mage_2224

「またディープ・ロードか。何だってこんな事をやる羽目になったんだ?」

「落ち着けよブロンディ。ウィックド・グレイスであのエルフに負けて、もっと金を取られてたかも知れないぜ。」

「(うめく)ああ、今の掛け相場だと、死んだ後もまだやつに金を払ってそうだ。」

 意外にもゲームに強いところを見せているフェンリス。まあでもイザベラには敵わないだろうな。彼女はズルするから。

元々は鉱山だったのでしょうか。深い穴を見下ろせる監視所に置いてあったパンフレット。

Mage_2223


「ホーク一家の捕獲について

 カーヴァー・ホークはグレイ・ウォーデンと行動を共にしていることが判った。もし必要であればフリー・マーチズ中全てを探し、彼を発見せよ。立ちはだかる者は全て殺せ、しかしながらあの青年を傷つけないよう注意すること。マルコム・ホークの血は純粋のまま残されねばならない。偉大なる方はそれを要求しておられる。

-我が主、コリフィアスの名において。主に再び日の光有らんことを。」

 うーん。"pure"ね。ウォーデンでも良いの?

「ドワーフがブラッド・マジックを使っているなんて、僕は聞いたことがない。だけど明らかに何かのために君が必要なようだ。」
「コリフィアスは多分ディーモンの類じゃないかな?」

「コリフィアスに聞くしか、答えは分かりそうにないわね。」

Mage_2225

奥でぼそぼそと話す声が聞こえてきました。
「もし俺がホークの血を手に入れたら、俺もトンネルに入ってマスターのを少し飲ませて貰えるって、ラティガンが言ってるんだ!」

……マスターの何だって?

「しーっ!黙って待ってろ。マスターはそうご命令だ。」

「お前らだけ彼の声を聞きやがって、気に入らねえ。俺には全然……」

Mage_2227

降りていくとカルタの雑魚が一杯。さっき喋っていたのは手前の3人らしい。

Mage_2228

また宣伝文。

「コリフィアスを称えよ!

 お前達の多くと同じように、俺はただの盗人の人でなしだった。俺は金銭と自分自身の欲望の召使いだった。そして俺は彼の呼ぶ声を聞いた。コリフィアスは俺の目を開かせてくれた、お前達の目を開かせた様に、そして真実とは何かを教えてくれた。

 コリフィアス以外のカルタとは何だ?ただの屑と灰に過ぎない。コリフィアスのみが永遠なのだ。俺達は彼の手となり、表層における彼の目となる。俺達こそが彼に信頼される誉れ高き者、彼をディープ・ロードの牢獄から救い出す者。

 コリフィアスが日光の元に歩み出る時、俺達は報われる。彼を称えよ!コリフィアスを称えよ!

-羊皮紙の一片、恐らくは演説原稿」

Mage_2229

「それで、一体全体何でマスターはあのホーク家の令嬢をお望みなんだ?」

「差し出がましいぞ、質問はするな。」

「あの鍵と関係有るのかな?ホーク家の誰かが持っているんだろう?」

------------
一旦切ります。

|

« [Dragon Age 2]Legacyその1 | トップページ | [Dragon Age 2]Legacyその3 »

コメント

 私もにわかには信じられませんでした(笑)。でもその前後に、悪手をはったりで押し切って勝ったと言うバンターもあるので、強いんでしょう。
 それよりフェンリスがハングド・マンでゲームしている姿が、ちょっと想像出来ないのですが(笑)例の邸宅にドニックとヴァリックが来てカードゲームしている、というのは有りましたけど、アンダースとねえ。

投稿: Laffy | 2011.07.29 15:49

 アンダースが借金つくってる「エルフ」ってのはフェンリスですか。
 そんなに強いんだ?(笑)
 ヴァリックがいうように、アンダースが弱すぎるというのもあるかな。

投稿: Vanity | 2011.07.29 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]Legacyその2:

« [Dragon Age 2]Legacyその1 | トップページ | [Dragon Age 2]Legacyその3 »