« [Dragon Age 2]1.03パッチとアンダース | トップページ | [Dragon Age 2]Wayward Sonその3(ラスト) »

2011.06.06

[Dragon Age 2]Wayward Sonその2

Quest:Wayward Son(わがままな息子)

居なくなった息子を探しに行きましょう。ダークタウンとか言ってたけど、どっかで見た事あるんですよねえ、サムソン。

0605002

そうそう、こいつです。夜になるとロータウンで立ってるやつ。ゾーン近くなので何回か見た事がありました。

0605004

「はっ。ヴィンチェントが言ってたぜ、あたりを嗅ぎ回ってるやつらが来るかもってな。あんたがあの坊主を捜してるんだろう?フェン…何とか?教えてやるよ、と言っても大した話は無いけどな。」
「サムソンという名前の引退したテンプラーを探しているんだけど。」

「ふん。『引退した』ってのは『窒息しそうにあえぎながらコインをねだる燃え尽きたテンプラーの滓』よりずっとマシに聞こえるな。テンプラーは出て行こうとするやつを引き留めやしないんだぜ、知ってるか?騎士団に入っても、何時でも出て行くのは自由だ。だけど、やつらしか粉は手に入れられない……」

0605005

「粉?」
「リリウムさ、ドワーフの鉱山から取れる。生の魔法が封じ込められてる。魔法使いに対抗するためには、こいつを水に薄めて飲まなきゃならん。問題は、もし飲むのを止めようとしたら、死ぬような思いをするって事だ。」

「テンプラーから逃げ出したアポステイトを助けていると言うのは本当?」
「俺が助けているメイジってのは、要するに子供だ、ごく最近に自分の力に気がついて怯え上がってる。」

0605006

「ようやく母親のスカートの陰から出たばかりなのに、今度は君たちを閉じ込められなきゃいかんと言われる。ディーモンが君たちを狩り立てると。なぜ連中が逃げ出すのか、判らんか?」

「あなたを見た所では、正しい対価を払えば誰でも助ける人のように見えるけれどね。」

「どんな対価だ?」
ここで「お前の命だ」とやる事も可能ですが、もう50ソヴリンも貯まっている事ですし、50シルバーくらいくれてやりましょう。

0605007

「これでどうかしら?」
「いいぜ。その坊主は俺んとこに来たさ、1シルバーだって持たずにな。それでやつには俺が出来る事は何も無いって言ったんだ。」

0605008

「あんたに助けて貰わなきゃならないようなメイジが気の毒だ。」
「坊主には、俺の知っている船長のことを教えた。レイナーだ。やつは時々逃亡者を連れて行ってる。他のアポステイトも先週連れて行ったな、俺が送った女の子だ。」 

0605009

「だけど、マズイ事になってるかも知れない。噂ではやつは子供達を監禁してるって聞いた。」

「つまりあなたの良いお友達は誘拐犯だと。驚くには値しないわね。」
「友達じゃねえ!こういう商売を引き受けてくれそうなやつってだけだ。レイナーは子供達を波止場近くの倉庫に閉じ込めてるって話だ。ドックの近くのどっかさ。今から探しにいけば、やつが坊主共をテンプラーか、あるいはもっと酷い連中に売り渡す前に見つけられるかもな。」

0605003

Arthuris's Private Dockと有ります。倉庫じゃないんですが、まあ行ってみましょう。

0605010

「誰かドアの所に居るぞ!」」
「見られたからには仕方ねえ。俺たち以外は全部殺せ!」

0605011

「その女を捕まえろ!」
「誰か、助けて!お願い……」

0605012

「両手を付けろ!手を使わなきゃ魔法は使えないって聞いたぜ。」

0605013

0605014


0605015

「お前は魔法の事なぞ何も知らん!」

0605029

そこへ現れたホーク達。さっきの娘を救いたかったのですが、一歩遅かったようです。

0605030

居ました、レイナーです。さっさと死ね。

さっきの娘は?

0605016

「可哀想な娘。誰なんだろう?何か手がかりになるような物を見つけられないかな。」

0605017

トラスクへの手紙、と有りますね。ここでクエスト"An Errant Letter"が発生します。

0605018

「父さんへ

あなたがどれだけの犠牲を払って、私の事を隠して下さったかは判っています、だけど私はもう子供ではありません。あなたに私の人生全てを背負い込ませて、私の秘密で二人の人生を壊してしまうような事はできない。私は自分の人生を、一人の女として、そしてメイジとして生きなくてはいけません。こうやって書くと不思議に解放されたような気がします。

さようなら、父さん。いつかあなたが、教えられた事とあなたがその目で見た事の間で、折り合いが付けられるよう望んでいます。

心より愛を込めて、
オリヴィア」

テンプラーの子として産まれたメイジ。メイジの子を持ったテンプラー。気が重いなあ。

0605019

他にも隠れ家のマップと、レイナーが売った貨物の勘定書もあります。忘れずに取りましょう。

「キャプテン・レイナーの勘定書

売却
‐魚2樽、ヴァイカウント・キープ
‐ラム3樽、ハングド・マン
‐ヒューマンメイジ、男一人、ダンジグ(アンダーシティ)
‐リヴァイアニの毛皮25枚、ヘルトン衣服店」

おそらくこれがフェンリエルでしょう。ダークタウンのダンジグに売り払われたようです。

時々こうしてアンダーシティと書いてあるのがダークタウンを指すことが有ります。おそらく初期設定では「アンダーシティ」とする予定だったのでは?

---

0605020

栗色に銀ピカの甲冑。おなじみテヴィンターですね。

0605021

「なんだ?見ろよ、おい。志願者だぜ!パチンと足枷はめてやれ、テヴィンターがいくら払うか見物だな。」

フェンリス?

0605022

「吐かせて。」

0605023

「任せろ。」

出ました生物兵器。

0605024

ぶしっ。0605025
0605025b_2

「アンドラステの真っ赤っかなケツ!何がどうなった?」

0605026

「いや、いい。その、俺はあのガキを洞窟に隠した。ウーンデット・コーストにある密輸商人の隠れ家だ。テヴィンターが今日取引を終えに来るはずだ。も、もう行ってもいいよな?」

0605027

「生かしておけば、無数の人々をむざむざ奴隷にするようなものね。」

0605028

ぶっころーす。
------
次でおしまい。

|

« [Dragon Age 2]1.03パッチとアンダース | トップページ | [Dragon Age 2]Wayward Sonその3(ラスト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]Wayward Sonその2:

« [Dragon Age 2]1.03パッチとアンダース | トップページ | [Dragon Age 2]Wayward Sonその3(ラスト) »