« [Dragon Age 2]Long Way Homeその2 | トップページ | [Dragon Age 2]Long Way Home(ラスト) »

2011.06.01

[Dragon Age 2]Long Way Homeその3

Quest:Long way home(遙かなる故郷)

バリアーをブラッドマジックで壊す、危ないメリルちゃんと一緒に山頂の祭壇へ。

0601001_2
いつものように写真を取り忘れていますが、ここでかなり激しい戦闘があります。アボミ、レイジディーモン、アーケインホラーと揃い踏み。
でも地味に痛いのが、はるか遠くからペチペチ弓で攻撃してくるスケルトン。気がつかないうちにヴァリックが死にかけてるし。

さて。

面倒なのでビデオで誤魔化します。エルフ語翻訳出来ないし。
The return of Flemeth

0601002
「ああ、ようやく着いたね。」

0601003_2
「魔女か!」

0601004_2
「大丈夫よフェンリス、彼女に悪意はありません。」
0601005_2
「アンダラナ アティシャン、アシャベラナー」
「氏族の子だね、若くてとても賢い。私の事を誰だか知っているのかい?その呼び名以外に。」

「ほんの少しだけです。」
「では顔をお上げ。氏族の者は膝を屈めるのが早すぎるよ。」

0601006_2
「約束を守る者を見るのはさわやかな気分だねえ。私のアミュレットは商人のポケットに入っちまったんじゃないかと、半分くらいは心配してたんだよ!」

0601007_2
「誰も買おうとしなかったのよ。中に魔女が入っていたんだものね?」

0601008_2
「ホンの欠片。小さな欠片、だけどそれが一番必要だったんだ。ちょっとばかりの保険さ、取り返しの付かない事がきっと起きただろうから。もし私のモリガンのやる事なら、もう起きているだろうね。」

何かご意見は?

0601009_2
「お前は単なる魔女じゃないな。」

0601010_2
「おや、お前は判っているようだね。」

0601011_2
「強力なメイジ、スピリット、アボミネーション、どれも見てきた。しかしどれとも違う。お前は何だ?」

0601012_2
「好奇心の強い子だね。鎖は壊れている、しかし真に自由の身かい?」
「よく判るな。」

「私は癪にさわる者(fly in the ointment)。私は闇からの囁き。私はまた、大層年を取った女。お前たちが知る必要が無いほど色々あるねえ。」

0601013_2
「モリガンって私会った事有るかしら?」
そうだよ、私見た事無いよ。

0601014_2
「彼女はあたしよりも、誰よりも物事を知っていると思ってる娘っ子さ。(笑い)何もおかしくなんか無いよ?そうなるように私が育てたんだ!
そうじゃないなんて予想も出来ないね!」

「彼女があなたの娘なのかそれとも敵なのか、ちょっと判らないわね。」
「どちらでもないさ。」

「どうして私にアミュレットを持って来させる必要があったの?」
「守らなきゃいけない約束があったからさ!それに誰かに跡を付けられたくもなかったしね。お前は私を実に上手く隠し持って来てくれたよ。」

0601015_2
「訳が分からないわ。あなたは何か幻覚の類なの?」

0601016_2
「(笑う)一つの身体の中にだけ居なきゃいけないのかい?身体ってのは随分制限された物だね。私は全体から放り出され漂う破片の一つに過ぎない。嵐の中でしがみつくための、がらくたの欠片さ!」

「……欠片?」

0601017_2
0601018_2
「判る必要は無いさ、幼き者。私の命を救ったかも知れないとだけ覚えておけばいい、私がお前を救ったようにね。公平な取引さね。」

0601019_2
「思うに、あなた何か計画があるようね」
「運命が我らを共に待ち受けておるよ、お嬢さん。やるべき事が沢山ある。」

0601020_2
「去る前に、一言忠告しておこうかね?」

0601021_2
「我らは変革の断崖の上に立つ。世界は奈落の底への避けられない墜落を恐れておる。」
「その瞬間を見守り……そして時が来たら、恐れずに跳ぶのだ。落ちて見なきゃあ、飛べるかどうかなんて判らないからね。」

「ドラゴンの安上がりな助言ね。」
「我らそれぞれに試練が待っておるのさ。」

0601023_2
「それと氏族の子、注意深く歩くのだよ。眼を閉じては見える道も見えぬ。」

0601024_2
「マセラナス、アシャベラナー。」

0601025_2
「去るべき時が来たようだ。私の感謝と……共感をお前に。」

0601026_2
0601027_2
0601028_2
0601029_2
0601030_2
---
いっちゃった。
うううん。「取り返しの付かない事」は起きたのか?起きないように保険を掛けたのか?
とりあえずここではitが略されていると考えて「取り返しの付かない事がきっと起きただろうから」と訳しました。後で間違えていたらこっそり修正する。

|

« [Dragon Age 2]Long Way Homeその2 | トップページ | [Dragon Age 2]Long Way Home(ラスト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]Long Way Homeその3:

« [Dragon Age 2]Long Way Homeその2 | トップページ | [Dragon Age 2]Long Way Home(ラスト) »