« ラピュタには何故自爆コマンドが用意されているのか。 | トップページ | [Dragon Age 2]ふと気になったこと:Alternative »

2011.06.25

[Dragon Age 2]A Bitter Pillその3

Quest: A Bitter Pill(苦い薬)

 マジスター・ヘイドリアナと戦うホーク一行。彼女がある取引を持ちかけます。

0624002

0624003

0624004

「止めな!私に死んで欲しくはないはず。」

0624005

「貴様以上に死んで欲しいのは、一人しかいない。」

0624006

「お前の知りたいことだ、エルフ、私の命と引き替えに教えるさ。」

0624007

「はっ!ダナリアスの居場所か?それがどうした?やつのお気に入りの弟子を殺してやる方がマシだ。」

0624008

「お前には妹がいる。生きている。」(※)

0624009

0624010

「お前の人生を取り戻したくはないのか?逃がしてくれたら、彼女がどこに居るのかを教えるよ。」

0624011

0624012

「あなたに任せるわ。」

0624013

0624014

「じゃあ約束するんだね?教えたら、逃がしてくれるんだね?」

0624015

「ああ。約束する。」

0624016

「彼女の名はヴァレイニア。カリナスで、アーリマンという名前のマジスターに仕えている。」

「召使いか。奴隷ではなく。」

「彼女は奴隷じゃないよ。」

0624017

「信じよう。」

0624018

0624019

「(息をのむ声)」

0624020

0624021

 

「ここの用は済んだ。」

0624022

「妹さんについて話したくないの?」

0624023

「ああ、話などしたくないな!」

0624024

「これがそもそも罠だった事だってあり得る!ダナリアスが、俺にこの『妹』とやらの話を吹き込むために、ヘイドリアナをここに送ったのだろう。」

0624025

「たとえ罠ではなかったとしても、妹を捜そうとするなど自殺行為だ!ダナリアスは妹のことを知っているに違いない、それにヘイドリアナが知っているということも奴は承知の上だ。」

0624026

「だが大事なのは、俺がついにこの牝犬の心臓を握りつぶしてやった事だ。この女と他のメイジども全て、共に腐り果てるがいい。」

0624027

「またそれだ、理不尽なやつだと思っていたが……」

せっかく手伝いに来てやったのにと、不服げなアンダース。

0624028

「そう、早くここを出た方が良いわね……」

「慰めはたくさんだ。」

0624029

「やつらがここでやった事を見ただろう。いつだってメイジ共は、もっともらしい何かの理由、何かの言い訳を作り出す。」

0624030

「仮に俺が妹を見つけたとして、マジスター共が彼女に何をしたか判るものか。魔法の手に触れられたもので、台無しにならない物があるとでも言うのか?」

0624032

片方の眉だけ上げる。控えめに不同意。

0624033

「俺は……もう行くぞ。」

------------
(※)実際は、彼女がフェンリスの妹なのか姉なのかは、結局判りません。あちらのフォーラムでは、妹とする説の方が多いようです。
 ただ問題なのは、日本語では「姉さん」とは呼びかける事は出来ても、兄から「妹さん」とは呼べません。ですから翻訳ブログとしては「姉」の方が都合が良かったのですが(笑)。
 これはホーク/カーヴァー姉弟、バートレンド/ヴァリック兄弟でも同じで、バートレンドが"Brother"と言っている場面は殆ど無視しています。

|

« ラピュタには何故自爆コマンドが用意されているのか。 | トップページ | [Dragon Age 2]ふと気になったこと:Alternative »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]A Bitter Pillその3:

« ラピュタには何故自爆コマンドが用意されているのか。 | トップページ | [Dragon Age 2]ふと気になったこと:Alternative »