« [Dragon Age 2]Night Terrorsその5(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Isabela's Apology »

2011.06.22

[Dragon Age 2]フェンリスの身分に関する一考察

Act2の中盤から微妙に所々引っかかっていた点を、つらつらと書いてみます。
Act3までのネタばれが含まれます。

.
.
.
.
.
.

0622001

「フェンリスは自由民よ!」

0621048_2

「俺はとうの昔にマジスター共からの自由を勝ち取った。」

それ違うんじゃない?

 後で出てくる(元)主人のダナリアスは「奴隷商人」ではなく、単なるマジスターです。テヴィンター帝国法、カークウォールの法律、いずれから見ても彼の行動は完全にLegitimate、合法です。
 またフェンリスは明らかに家付き奴隷、生まれながらの奴隷身分と思われます。ですから「彼が奴隷である事」自体にも違法性はありません。

 この世界ではエルフが「劣った人種であるから」奴隷にしても良いと認識されている節はありませんね。近世アメリカの黒人奴隷とは違い、むしろ古代ローマに近いようです。

 奴隷が金銭を貯めて、自らを買い戻す事は債務奴隷でなくとも普通に行われていました。有形財産ですから当然値段は付いています。(Gladiator-Road to Freedom-というとても面白いゲームのテーマはそれ)その値段に足る金銭を払えば良いのです。
 もっとも、十把一絡げの難民が一人100ソヴリンですから、フェンリスの代金は相当高そうですが。

 フェンリスはチャンピオンのコンパニオン、極めて有能で名高い傭兵集団の一員なのですから、それなりの収入があったでしょう。まあ、たまにただ働きに近いような事もしていますが。その金を貯めて、あるいはとてもお金持ちのホークに金を借りて、自らを買い戻す事だって出来たはずなのに、その努力は一切していない上、追跡者との価格交渉も拒否します。
違法性はフェンリスの方が大きいのです。

 ダナリアスが自由民を略取しに来たのなら、カークウォールでは違法行為となりますが、彼は単に盗まれた私有財産を回収しに来ただけです。そのために訪れたカークウォールで、チャンピオンと称する無法者の一派に不当にも殺戮されたとして、帝国とカークウォールの間で外交問題になってもおかしくないでしょう。

 てゆーか私が帝国の偉いさんなら間違いなく突っ込むね、そこ。だからホークが本気で(?)フェンリスを守りたいのであれば、テンプラーに味方してヴァイカウントになるべきです。より高度なレベルで彼の身分を確保出来ます。

 私有財産権は人権より遙かに古い概念です。人権思想のバイアスと、キャラクターへの愛着から我々プレイヤーはダナリアス殺害ルートが正解のように思っているだけで、実は返却ルートの方がこの世界ではより正しい行動かもしれない。おそらくそういう事を示唆するために、フェンリス返却の選択肢は存在します。

ああ、もちろんこのホークはそんなくだらん違法性になど目もくれずに突っ走りますよ!アポステイトメイジが法律なぞ気にしていられるかっつーの!

|

« [Dragon Age 2]Night Terrorsその5(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Isabela's Apology »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Dragon Age 2]フェンリスの身分に関する一考察:

« [Dragon Age 2]Night Terrorsその5(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Isabela's Apology »