« [Dragon Age 2] Birthrightその2(ラスト) | トップページ | "Best served cold"での人質の選択 »

2011.05.22

ちょっと休憩。

次はQuest:Bait and Switch(おとり作戦)のはずですが。。。

エイリアネージの場面で既に画像数が60枚超してるよどーすんだよこれバカじゃないか。
ダナリアス館で叫んでるシーン取り忘れたから、ビデオも全部撮り直したし。。。
明日考えましょう。

(中略)
リリウムは極めて希な鉱石で、ドワーフの採掘者がその「歌」を聞き取ることで初めて採掘が可能です。工人が加工した後、ごく少量がチャントリーへ販売されます。チャントリーは地上での供給を一手に支配し、テンプラー(水溶液を服用するとアンタイ・マジック効果が得られ、違法メイジの追跡と戦闘を可能にする)及びサークル(貴重なエンチャントメントに利用)に供給しています。

リリウムは大変高価で、テヴィンターではダイヤモンドより高価と言われています。一方毒性があり、連続して服用すると非可逆的な中毒症状を引き起こします。悪夢に苛まれる、集中力を失うなどの副作用があります。(後略)
‐「知識の追求:チャントリーの学者の歩み」ブラザー・ゲネチヴィ著

|

« [Dragon Age 2] Birthrightその2(ラスト) | トップページ | "Best served cold"での人質の選択 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [Dragon Age 2] Birthrightその2(ラスト) | トップページ | "Best served cold"での人質の選択 »