« [Dragon Age 2]The way it should beその1 | トップページ | [Dragon Age 2]The Loose End »

2011.05.28

[Dragon Age 2]The way it should beその2(ラスト)

Quest:The way it should be(正しいあり方)
夜のロータウン。もちろん誰かが襲われています。戦闘シーン省略(こればっか)。

0528018
0528019
「誰か…ア、アヴェリン?素敵な眺めだ。」

0528020
「どうかして?」
「その、僕が巡回中に、連中がどこからかやって来た。何人かは倒したけど、とにかくいっぺんに大勢現れたものだから。」

0528021
「隊長はこのルートは静かだろうと言っていたのに。」

0528022
「ヴァイカウントの紋章。市庁舎の詳細、収支決裁書。」
「盗賊ギルドには貴重ね。」

0528023
「しかも私たちの一人を犠牲にしての配達。ジャベン隊長は弁明することになりそうね。」

0528024
「自分の部下を売る…隊長の仕事なんかより、政府に必要な人材ね。」
「今は駄目よホーク。ジャベンはまず道理がどうなっているか知る必要があるわ。この一件はヴァイカウントが扱います。大騒ぎになるでしょうね。」

---
0528025
「無礼な!手を離せ!俺は隊長だぞ、こんな風に扱われてたまるものか!」
0528026
「フェレルデンの売女!余計なことをしやがって!お前が八つ裂きにされて吊されるのを見てやるからな!」

0528027
「我々は多数の……怪しげな人物からの借用書を発見した。何とも低俗なやつだ。しかし、アヴェリン・ヴァレン、君の忠誠心と能力は高く評価したい。」

0528028
「シティガードには彼より優れた隊長がふさわしいと、メッセーレ。」
「その通りだ。ヴァイカウントは、君を実地訓練を通してその任に付かせる事にする。君が隊長職を引き継ぐことになるだろう。」

0528029
「何とおっしゃいました?」

0528030
「適当な時期にだ、もちろん。訓練を受けて承認を得る。数ヶ月後か、少なくとも。しかし、尊敬を回復するには、この……恥ずべき事態を暴いた女性よりふさわしい者は居ない。」

0528031
0528032
「他の仕事は片付けておくように。君はとても忙しくなるぞ。」

0528033
------

ガードキャプテンとなるアヴェリン。フェレルデン人の出世頭です。

|

« [Dragon Age 2]The way it should beその1 | トップページ | [Dragon Age 2]The Loose End »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [Dragon Age 2]The way it should beその1 | トップページ | [Dragon Age 2]The Loose End »