« [Dragon Age 2]Bait and Switchその4(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Isabela's Contact »

2011.05.23

[Dragon Age 2]Fenris Recruited

Quest:Fenris Recruited
このクエストは、前の"Bait and Switch"の最後でフェンリスに協力を求めた場合のみ発生します、ってわざわざ断る人いないよね……。

フェンリス不法占拠中の旧ダナリアス邸に戻ります。

05230010
05230020
「アグレジオ・パヴァーリ。セラーに6本残っていた。」
05230030
「ダナリアスは俺にこのワインを、やつの客に注がせていた。俺の外見で客が怖がるのが楽しいと言ってな。」
05230040
「どうして怖がるのか想像出来ないけど。」
「君は正直だな。」
05230060
ラッパ飲み。きっと大変高価なワインなのでしょうが……。

05230070 えいやっと。
05230080
05230090
ぱりーん。やりたい放題です。

05230100
「こういう些細な物で、未だに幸せを味わえるというのは悪くない。」
05230110
「ちょっと、私に一杯位飲ませてくれてもいいんじゃない?」

05230120
「本当に欲しかったら、まだあるさ。」
「よしてよ。他にどうやって壁を塗り替えるつもり?」
「(笑い)ふん。俺は過去を忘れたいと思っていた。しかしそうも行かないようだ。」

05230130
05230140
「教えてくれ、フェレルデンに戻りたいと思ったことはないのか?」05230150
「無いわね。フェレルデンを出られて嬉しかったわ。」
「それだけ?そんなにたやすく故郷を後に出来るものか?」
「私たちはブライトから逃げて来た、出来ることをしただけよ。あなたはそうではなくて?」
05230180
「そうだ。俺のやって来た事と同じだ。」
唐突に怒り出すフェンリス。
05230190
「すまん。君の人生は君の物だ……ただよく似ていると思ったものだから。」
怒ったくせにすぐ謝る。

05230200
「ここにしばらく留まるつもり?」05230210
「まだ決めていない。今のところ他に良いところもないようだ。セヘロンに戻りたいと思ったこともあるが……あそこでの暮らしはもう無い。」

「セヘロンがあなたの生まれた場所?」
「そう聞かされた。」
「すると随分幼いときに離れたのね。」
「多分な。」

「あなたの前の主人を追い詰める事だって出来るんじゃないかしら?」05230220
「やつはミンラソス(テヴィンター帝国の首都)に戻ったのだろう。やつが生きている間はあの街に近づくのは危険だ。そう、やつの城砦からやつが出てくるのを待つ方がいい。こちらが有利なところで闘う。その時、君の助けを期待するわけではないが、もしそうしてくれるなら断りはしない。」

素直じゃないなあ。

「もう長い間逃げ続けているの?」
「そうだな、3年になるか。ダナリアスは俺を見つける手段を持っているらしい‐おそらくこのマーキングか?いずれにせよ、いつもは次の追っ手が来るまでそう長く掛からなかった。今回がやつが追跡の手を緩める初めての機会だ。こちらにも数の優位があるからだろう。」

05230230
「他に助けを求めたことは?」
「懐が暖かいときは傭兵を雇ったこともあった。力のあるやつはいなかった‐君以外は。しかし、ダナリアスは諦めないだろう。やつが戻ってくるのを待つ。」

金を盗めたときは、って。

「もし彼が諦めたら?どうするの?」
「その時は俺がやつのところに向かう。狼に追跡されながら一生過ごすつもりはない。」
「寝ている犬は起こさない方が良いんじゃない?」
「いや。俺はそう簡単には考えない。」

「難しい状況みたいね。」
「俺はガラスで出来ている訳じゃない。」

05230220_2
「ハンター共と一緒に戦ってくれて助かった、改めてお礼を言わせてくれ。もしアンソが君のような、腕利きの女性を紹介すると知っていたら、もっと早く頼んでいただろうにな。」
「私もアンソに感謝すべきかも。」
「たぶんね。」
05230240
「もしかすると、君が次に来るまでにお世辞を練習しておいた方がいいかもな?運が良ければ少しは上達するだろう。」

------
お話だけクエスト。これが楽しいのです。

|

« [Dragon Age 2]Bait and Switchその4(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Isabela's Contact »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [Dragon Age 2]Bait and Switchその4(ラスト) | トップページ | [Dragon Age 2]Isabela's Contact »