« [Dragon Age 2]Enemies Among Usその4 | トップページ | [Dragon Age 2]Magistrate's Ordersその1 »

2011.05.31

[Dragon Age 2]Enemies Among Usその5(ラスト)

Quest:Enemies Among Us(敵はこの中に)

ギャロウズへ戻ると、まだ新人テンプラー達は怯えているようです。早速カレン騎士隊長に話をしましょう。

0530049
無事マーシャ姉さんの所に戻れたケラン。

0530050
「いい話と、悪い話があるんだけど……」
「なに?どういう事だ?」

0530051
「いい話、ケランは無事だった。」

0530052
「悪い話、あなたの新人の半数はディーモンに憑依されていたみたいよ。」

0530053
「スウィート・ブラッド・オブ・アンドラステ!」
意味が分かりません。

0530054
「デ、ディーモン?新人達とディーモンが、どうかしましたの?」
「君には言いたくなかった、マーシャ。やつらは…やつらは酷かった。」

0530055
「あのメイジ共は、僕らの事を踏みつぶすためのアリのように見ていた。やつらはチャントリーとテンプラーを永遠に破壊し尽くすまで止めるつもりは無いだろう。」

0530056
「メイジは何千年もの間、テンプラーによって組織的に虐待されて来たのよ。」
「君も見てきただろう、良くそんなことが言えるな?」

57
「メイジは他の人々のようには扱えない。私や君とは違うのだ。」

0530058
「それは少し手厳しいのではありませんか?」

0530059
「しかし事実だ。」

0530060
「彼らは武器だ。彼らは腹立ち紛れに街を火の海に変える力を持っている。」

0530061
「確かに、それはメイジにとって駆け引き上不利になるわね。だけどどこかに妥協できる所があるはずよ。」

0530062
「君が正しいのかも知れん。もしかしたらメイジはより良い教育を受けるべきなのかもしれん。それがチャントリーの存在する所以でもある。」

0530063
「もしかしたら、メイジはアンドラステのご意志に反する存在では無いのかもしれん。そのことは考えてみよう。」
「さしあたって、ケラン、君がディーモンの影響を受けていないと証明されない限り、君の任命を直ちに取り消さねばならない。」

0530064
「駄目よ!そんなこと出来るはず無い!ケランは大丈夫。彼は安全ですわ。」

0530065
「彼に責任があるわけではない。しかしもし、我々の疑いが正しいと判った時、犠牲者にそう言えるものか。」

0530066
「お願いです、サー。僕は抵抗したつもりです。やつらの誘いも全て断りました。僕は…この地位が無ければ、姉は食べていけません。もう5年も訓練を積んでいます!」

0530067
「ケランに試験を行ったわ。彼は憑依されていない。騎士団に残って大丈夫よ。」

0530068
「そこまで確信を持てるような、どんな手段で試験を行ったのか聞く気にはなれないな。しかし、君はこのブラッドメイジ共を食い止めることで我々に大きな貢献をしてくれた。君の頼みを聞き入れよう。」

0530069
「賢明な選択だな。」
えー。納得してないよねその顔は。

0530070
「10年の間ディーモンに憑依されている徴を表さなければ、ケランは正式な騎士としての資格を得るだろう。」

0530071
「もう一度お礼を申し上げます、セラ。しかし正式な騎士としての資格がなければ、ケランの給与はとても少ない物に……あなたに十分な報酬を差し上げられるかどうか‐」

72
「それは私が処理しよう、娘さん。君は騎士団に大きな貢献をした。我々がそれを忘れることは無いだろう。」
0530073 ぺこり。

------
このクエストはアンダースを連れて行かないと、結構後味の悪い話になります。何かと便利な仲間です。

|

« [Dragon Age 2]Enemies Among Usその4 | トップページ | [Dragon Age 2]Magistrate's Ordersその1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [Dragon Age 2]Enemies Among Usその4 | トップページ | [Dragon Age 2]Magistrate's Ordersその1 »