« [Dragon Age 2] Birthrightその1 | トップページ | ちょっと休憩。 »

2011.05.21

[Dragon Age 2] Birthrightその2(ラスト)

Quest:Birthright(生得権)(生得権)
ダークタウンの一角に、そのワインセラーの入り口はありました。アンダース・クリニック(産婦人科/小児科/内科/外科/性病科)のお隣です。

0521510

「さて、ここみたいだな。セラーがこんな奥まで伸びているんなら、アメル家の先祖は大した物だったみたいだ」

0521520
中には奴隷商人のガードが一杯。地下なら遠慮することはありません。メイジの恐ろしさ、身に染みて貰いましょうか。だけど火事にならないように注意しないと……。

0521530
ヴァリックが開けていますが、別に鍵は掛かっていませんでした。ん?トビリウスって誰だ?

0521550
倉庫へのドア発見。

0521560
チェストの中に、アメル家祖父の遺言書がありました。それに9ソヴリンも!!お金持ちだ!

0521570
「じゃあこれがその、おじいさんの遺言書?早く戻ってかあさんに見て貰おう。」

------
家に戻るとまた喧嘩してます。延々と会話が続くので正直言ってつらい。
ですが、これを抜かすわけにはいかないのです……。早く楽しいところに行きたい。

0521580

「...つまり、身内だからってのはその通りだ、だけど俺の好意にお返ししてくれても良いんじゃないか?その……毎月少しでも入れてくれても良いんじゃないかと……」

0521590
「あの子達を金で売ったくせに!今度は家賃を払えですって?」
「いや…食費だけでも良いから…」

0521600
「ギャムレンは嘘を付いてたわ、かあさん。」

0521610
「遺言を見つけたわよ。」

0521620
無言。

0521630
「おじいさんは、全てをかあさんとその子供、つまり僕たちに残していた。ちょっとは頭があったみたいだな。かあさんも自分で見てよ。」

「えーと、まあ、その、たぶんだな……」

0521640 「『我が娘、リアンドラとその子供達に…ハイタウンの屋敷及びそこに派生する収入を贈る……』」

0521650

「ガムレンには年金が与えられるだけだったという部分も見て…かあさんが管理してね。」
「ガムレン、どうしてこんな事に?」

0521660

「お前は家出人だったんだ、リアンドラ。『愛はどんなお金よりずっと大事よ』ってのはどうなった?」
「だってそうでしょう!」
「お前は、葬式にさえ家に戻らなかった!」

0521670
「双子が生まれてまだ一週間だったのよ!」
「俺たちはみんな重荷をしょってた。俺の分はお前が見捨てた人生の後始末だった。どれだけ待てば良かったんだ?」

0521680
「おじいさんの灰が冷めるまで待っていたとも思えないわね。」

0521690
「俺が父さんの面倒を見たんだ。最後までな!おまけに死の床についた後も、父さんはお前のことばかり話してた。」
「いいかい、リアンドラ、俺が悪かった。あんな事するべきじゃなかった。だけどやっちまった。取り戻すことは出来ないんだ。」

0521700
「そんなつもりはないわ、ガムレン。母さんと父さんが私のことを怒っていなかったと判っただけで十分よ。あの屋敷を取り戻す権利について、ヴァイカウントに陳情書を出すわ。メイカーのご意志の通り、あなたの『家』をすぐにでも取り戻してみせる。」

0521710
「ヴァイカウントに謁見するだけのお金も無ければ地位も無いだろうが。この街であの家にもう一度住もうと思うなら、それなりの成功を収めなきゃ駄目だ。」

0521720

「じゃあなおさらね。今すぐ始めないと。」

------
あーこの後に「家族カウンセリング」があるんですが、パスさせて頂きます……。母親の愚痴はともかく、姉弟喧嘩は面倒で。

|

« [Dragon Age 2] Birthrightその1 | トップページ | ちょっと休憩。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [Dragon Age 2] Birthrightその1 | トップページ | ちょっと休憩。 »